フリーター 賃貸

利用者Mさん利用者Mさん

フリーターって賃貸物件を借りられるの?

利用者A君利用者A君

フリーターが入居審査に通りやすくなるポイントは?

フリーターだと賃貸の審査に通りにくいのか不安ですよね。
結論から言えば、職業がフリーターだと賃貸の審査は厳しくなりますが、通すことは可能です。

そこでこの記事では「フリーターが賃貸物件を借りるためのコツ」について解説しています。

さらに、「フリーターが賃貸で安定した生活を送るためのポイント」についても解説していますので、「フリーターが賃貸物件を借りるためのコツ」について分からないことはなくなるはずです。

それでは早速見ていきましょう!

フリーターだと賃貸の審査に落ちる?

フリーターだと賃貸の審査に落ちる?

入居審査さえ通ればフリーターでも賃貸契約を結ぶことはできます。ただし、会社員よりは条件が厳しくなっています。物件オーナーの一番の懸念材料は家賃滞納のリスクです。そのため不安定なフリーターは会社員より審査に通りにくいと言えるでしょう。

実際の賃貸の審査では入居者の人柄や連帯保証人の有無などで判断されます。条件をクリアするためにはそうした審査のポイントをあらかじめ押さえておく必要があります。

フリーターが賃貸物件を借りるための6つのポイント

フリーターが賃貸物件を借りるための6つのポイント

それではフリーターが賃貸物件を借りるにはどうしたら良いのでしょうか。ポイントは6つあります。

フリーターが賃貸を借りるポイント

  1. 家賃が手取りの4分の1以下の物件を選ぶ
  2. 預貯金審査をしてもらう
  3. 親族に代理契約を依頼する
  4. 連帯保証人を立てる
  5. 保証会社を利用する|保証人なしでも!
  6. 入居審査の甘い物件を探す

家賃が手取りの4分の1以下の物件を選ぶ

入居審査で最も重視されるポイントは、家賃を滞納することなく支払えるかです。勤続年数も長いほど収入が安定していると判断できるため重視されます。

収入と勤続年数が安定しているかが重要です。そのため収入に対して4分の1程度の家賃の物件なら支払いやすいと判断されます。逆に収入に見合わない高額な家賃の物件だと支払いが難しいとみなされ審査は厳しくなります。

例えば手取りで月収20万なら家賃は5万円程度、月収30万なら家賃は7万5,000円程度が妥当です。フリーターであればシフト制で月々の収入が変動することも多いため、余裕を持った家賃の価格帯を選びましょう。

家賃の支払い能力が重視されることを考慮して、自分の身の丈に合った家賃の物件を選ぶようにしましょう。

預貯金審査をしてもらう

預貯金審査とは現在の預貯金残高を提示して家賃を滞りなく支払うことができることを証明する審査のことです。低収入で審査に不安が残るものの預貯金が十分にあるという方は、物件は限られますが預貯金審査が受けられるか不動産会社に聞いてみましょう。

預貯金審査に通るにはだいたい家賃2年分あるのが目安です。家賃が5万円なら120万円、8万円なら192万円ほどあるといいでしょう。

預貯金が十分にあると証明できれば、審査に有利になります。

親族に代理契約を依頼する

入居審査に不安がある場合、自分の代わりに親族が契約者になる代理契約を頼む方法があります。代理契約で家賃の支払い能力に問題がないと判断できれば物件を借りやすくなります。

本来は契約者=入居者となりますが、不動産会社の承諾を得られれば代理契約でも構いません。ただし代理契約の契約者となるのは自分の親やきょうだいなど親族でないと難しいです。

親族に安定した収入がある場合は、代理契約をお願いしてみましょう。

連帯保証人を立てる

収入面で不安の残るフリーターの場合は、連帯保証人を立てることで審査にパスできる可能性が上がります。連帯保証人とは契約者がお金を支払えない場合に立て替えを支払わなければならない人のことです。

連帯保証人がいれば支払い能力の信用度を上げることができます。ただし連帯保証人は誰でもなれるわけではなく、「安定した収入のある親族」でなければなりません。

オーナーに安心感を与えられれば審査も有利になるといえるでしょう。

保証会社を利用する|保証人なしでも!

連帯保証人となる人がいない場合は保証会社を代わりに利用する方法もあります。保証会社とは、手数料を支払うことで連帯保証人の代わりとなってくれる会社のこと。

最近では保証会社の利用を義務とするケースが増えています。連帯保証人を立てている人でも、連帯保証人・保証会社の2点を満たすことで入居審査に通過する可能性が高まります。

保証会社と連帯保証人の両方が必要なのかどうかは場合によりますので、不動産会社に確認してみましょう。

入居審査の甘い物件を探す

賃貸物件の中には、築年数が古い、立地が悪いなどの条件からなかなか入居者が表れない人気のない物件も存在します。そうした物件では入居審査が甘く設定されていることもあります。

ネット上では載っていないことも多いため、不動産会社に直接こうした物件がないか聞いてみましょう。物件数は限られるため自分の希望に合った物件に出会える可能性は高いとは言えませんが、出会えたらラッキーというつもりで探してみるのも一つです。

アリバイ会社を使えば賃貸を借りやすくなる

アリバイ会社を使えば賃貸を借りやすくなる

賃貸の審査が不安だと言う場合はアリバイ会社を利用する方法もあります。アリバイ会社とは、自分の職業を公にしたくない人に向けて、社会的地位のある会社を紹介してその会社に在籍しているように利用できるサービスを提供する会社のことです。

フリーターで職業欄に書くのが不安な場合は、アリバイ会社から紹介された企業を記載することで、審査に通過しやすくなります。もし後日在籍確認の電話があった場合でも、アリバイ会社を通じて対応可能です。

注意点としては、悪徳アリバイ会社は架空会社や休眠会社を利用することがあり、バレる可能性が高くなります。その点実績ある大手アリバイ会社であれば、紹介するのは法人登記された社会的信用ある企業であり、会社ごとに過去の豊富な経験をもとにバレにくい対策を行ってくれます。

どうしても審査に不安な場合はアリバイ会社に相談してみましょう。その際、アリバイ会社選びはしっかりと行うことが大切です。

フリーターが賃貸で安定した生活を送るための3つのポイント

フリーターが賃貸で安定した生活を送るための3つのポイント

フリーターが賃貸で安定した生活を送るためのコツを3つ紹介します。

安定した生活を送るコツ

  1. 通信費を見直す
  2. 食費を抑える
  3. 時給の高いアルバイトや正社員求人を探す

通信費を見直す

通信費は見直すだけで月々の利用料に大きく差が出ます。出費を抑えるには手っ取り早い項目です。

今までと同じ通信量を利用していても、携帯会社やネット会社のプランによって2分の1、3分の1と減らせるかもしれません。自分が利用を制限することなく出費を抑えられるのであれば、見直さない手はないですよね。

楽天をよく利用する人は楽天モバイル、LINEやSNSをよく利用する人はLINEモバイルなど、自分がよく利用するサービスに合わせた格安SIMを選ぶのもおすすめです。月1万円を超えている場合はすぐにプランの見直しを行いましょう。

食費を抑える

外食が増えればそれだけで食費を圧迫してしまいますが、自炊をうまく取り入れることで月々の食費を抑えることができます。夕方を狙えば生鮮食品がさらに値引きされていたり、特売日のドラッグストアを使うとスーパーよりも安く購入することができたりも。

多めに自炊して冷凍しておけば忙しい時でもすぐに食べることができます。安いスーパーやドラッグストアが近い物件を探すのも一つのポイントです。

時給の高いアルバイトや正社員求人を探す

収入が低く生活が厳しい場合は、転職を検討してみるのもいいかもしれません。時給が高いアルバイトやこれを機に正社員の仕事を探してみるのも良いでしょう。

貯金がしにくいのはもちろん、もう一度引っ越しをする時も審査で不利が続きます。人生を長期的に見てもフリーター歴が長くなればなるほど社会的信用が低くなってしまうのはデメリットです。

自分の強みやスキルがわからない場合は転職エージェントなどを利用してみましょう。収入を上げることができれば、生活費を抑えずに余裕ある生活が送れるでしょう。

まとめ

まとめ

今回は「フリーターが賃貸を借りるためのコツ」について解説してきました。

本記事をまとめると、

  • 賃貸の審査は収入面が重要
  • 代理契約や連帯保証人、保証会社の利用で安心感を
  • 安定した生活を送るために生活費の見直しは必須

「フリーターが賃貸を借りるためのコツ」について理解するための、本記事がお役に立っていれば幸いです。