あなたは賃貸物件を契約しようとしたときにこんな悩みを抱えたことはありませんか?

キャバクラ勤務Yさんキャバクラ勤務Yさん

賃貸物件の入居審査に落ちてしまいました。不動産屋に落ちた理由を教えてほしいといったが、何故か理由は教えられないと言われました。職業が水商売ということが問題なのでしょうか?

ホスト勤務Kさんホスト勤務Kさん

今までは会社の寮に泊まっていましたが、まとまった貯金が出来たので引っ越ししようと思っています。ホストでも賃貸物件の入居審査は通るのでしょうか?

当記事ではこのような悩みを解決するために、水商売の方は賃貸物件の契約を出来るのか?といった基本的なことから水商売の方が入居審査に通るコツまで紹介していきます。

以下の記事では賃貸契約の入居審査で落ちる人と通る人の違いを紹介しています。賃貸の入居審査で必要な書類から、入居審査を通過するポイント、入居審査にかかる期間まで入居審査に関する情報が
全て分かります!
賃貸物件の契約で少しでも不安に感じている人は是非、ご覧ください。

賃貸契約の入居審査で落ちる理由は?審査に落ちる人と通る人の特徴を徹底解説!賃貸契約の入居審査で落ちる理由は?審査に落ちる人と通る人の特徴を徹底解説!

最終更新日:

水商売の方が賃貸の審査に通りにくい理由は?

水商売の方が賃貸の審査に 通りにくい理由は?

賃貸物件を借りる場合は必ず入居審査があります。入居審査はほとんどの場合、3段階の審査があると言われています。1〜3で審査をする関係者がそれぞれ異なります。下記にそれぞれの関係者と審査項目を示します。

入居審査の関係者及び審査項目

  1. 保証会社:収入及び支払い能力を審査
  2. 管理会社:経歴や家族構成などを審査
  3. 大家:基本的な礼儀や人柄などを審査

水商売の人は上記で示した審査項目に、引っ掛かりやすい理由がさまざまあります。
これから水商売の人が審査に通りにくい理由で、代表的な3つの理由を紹介していきます。

理由①収入が固定ではなく、不安定だから

水商売の給料は安定的な固定給ではなく、不安定な歩合給がほとんどです。なかには、一般的なサラリーマンよりも稼いでいる水商売の人もいますが賃貸の審査は通りにくいです。

いくら稼いでいても、いつ仕事がなくなってもおかしくない職業では必ず毎月安定して家賃を払ってくれない可能性があるからです。

例えば、あなたが保証会社で家賃の支払い能力を審査する人だとしましょう。残り1部屋を収入が同じくらいある、サラリーマンのAさんと水商売をしているBさんが希望しました。どちらに入居してもらいたいですか?もちろん、勤めている会社が倒産しない限り安定的な収入があるサラリーマンのAさんですよね。収入が不安定な水商売は家賃の支払い能力に不安があるため賃貸の審査は通りにくいです。

理由②保証人がいない場合が多いから

水商売の人は入居審査に必要な連帯保証人がいない場合多いです。

連帯保証人とは

借主が「家賃を支払わない」や「設備の弁償ができない」など何かのトラブルが起越した場合、本人に代わって責任を負う人のこと

なぜなら、基本的に親が連帯保証人となりますが親に水商売をしていることを言いづらいためです。しかし、保証会社や大家さんからすると「なにかトラブルがあったら親に出てきて欲しい」という気持ちがあります。

水商売の人は連帯保証人という壁を超えられない人が多いので審査に通りにくいです。しかし、実際に親が連帯保証人で契約書に署名してくれるのであれば、入居審査を通す事例もあります。

理由③昼夜逆転していて、騒音トラブルに繋がりやすい

水商売の人の生活リズムが夕方に出勤して帰宅するのが深夜から明け方といった昼夜逆転の生活です。一般的な生活リズムと違うことから他の入居者とのトラブルや騒音被害が起こる可能性があります。

例えば、深夜の洗濯機やテレビなどの生活音、車やタクシーの騒音が引き金になります。また、生活リズムが違うので「ゴミ出しのルールが守れない」といった理由もあるようです。

全ての水商売の人がトラブルを起こすわけではないですが、トラブルを未然に防ぐために入居をお断りしている物件が多いです。

入居審査でチェックされるポイント

水商売の人は、次のような理由により入居審査に通りにくいのが実情です。

  • 収入が少なく安定しない
  • 保証人が見つからない
  • 時間帯が昼夜逆転している

しかし、あきらめることはありません。まずは、入居審査で何をどのようにチェックされるのか、ポイントをしっかりとおさえておくことが肝心です。事前にポイントをおさえて、その対策を考えておくことで、入居審査を通す可能性が見えてくるはずです。それでは、入居審査が通りにくいことへの対策に役立てるため、入居審査のチェックポイントを詳しく見ていきましょう。

1.入居者の人柄や身なり

大家さんは、入居者の経済力が気になるはずですが、家賃支払いの管理については保証会社に任せている場合が多いようです。ですから、最も気になることといえば、入居者が周りの住人とトラブルを起こさずに平穏に暮らせるかどうかということです。ゆえに、大家さんは入居者がトラブルを起こさない人かどうかを見極めたいと考えています。したがって、入居相談や物件案内の際には、入居者の人柄や身なりをよく観察しています。そして、どのような人物なのかをチェックしているのです。

大家さんは、入居相談や物件案内のときに、入居者の言動をよく見て人柄の良し悪しを判断しています。もしも、よく話を聞かずに自分の希望ばかりを並べ立てるような様子が見られれば、この人はわがままで周りとトラブルを起こしかねないと思われてしまうでしょう。ですから、大家さんや不動産屋の説明をよく聞いて、言動や立ち振る舞いにも十分に気をつけましょう。

また、身なりが派手過ぎないか、清潔にしているかどうかなどもチェックしています。派手な装飾品を身に着けていたり、匂いのきつい香水をつけていたりすると、普段から金遣いが荒く、家賃を滞納してしまうかもしれないと予想されてしまいます。さらに、清潔感が無い人は、生活がだらしないと考えられてしまい、敬遠されてしまうでしょう。ですから、落ち着いた印象の服装や装飾品を身に着けるようにして、身だしなみを整えて清潔にするように心がけることが大切です。

2.家賃の支払い能力があるかどうか

水商売の人は、毎月一定の収入があるサラリーマンとは違い、業績によって収入が大きく上下することがあります。大家さんや不動産屋は、家賃をしっかりと支払ってくれそうな人と賃貸契約を結びたいと考えているはずです。ですから、収入が不安定な水商売の人は、収入が減った場合であっても家賃の支払いを続けることができるという証明を求められることになります。

万一、収入が減ってしまったとき、家賃を支払い続けるには十分な貯金が必要になります。その貯金額の目安は、家賃24か月分といわれています。収入が不安定な人であっても、家賃24か月分以上の貯金があることを証明することができれば、家賃を滞納する心配は無いだろうと判断されることがあります。そうすれば、入居審査が通ることも十分あり得るでしょう。

それから、貯金が十分に無いという場合は、両親などの親族に連帯保証人を依頼することになります。ただし、両親が年金暮らしで収入が少ないことも考えられます。そんなときは、収入が安定している兄弟にお願いすることが多いようです。しかし、水商売の人は、両親や兄弟に対しても勤務先を伝えたくなくて、連帯保証人をお願いすることができないということもあるでしょう。連帯保証人がいないときは、不動産屋によっては、賃貸の保証会社を利用することができる場合があるようです。

3.勤務先の情報

入居審査では、勤務先の情報がチェックされます。前の項でお伝えしたように、大家さんや不動産屋は、水商売の人に対して、「この人と契約しても大丈夫だろうか?」などと、疑いを持つ人も少なくないようです。ですから、勤務先情報を正直に伝えてしまうと、一般的には入居審査が通る可能性は、かなり低くなってしまいます。

そこで、入居審査を通すために、アリバイ会社を利用するという方法があります。アリバイ会社とは、あたかもその会社に勤務しているかのように装ってくれるところです。アリバイ会社を利用する場合、利用手数料は家賃の50%~100%といわれています。それから、アリバイ会社を利用した場合は、賃貸契約後にそれが知られてしまうと、賃貸のブラックリストに載ることになります。自分ひとりの判断で利用するにはリスクがともないます。ですから、相談の余地があるような融通の利く不動産屋であれば、相談しながら慎重にすすめるようにしましょう。

それから、歓楽街に近い賃貸物件のなかには、水商売など夜のお仕事専門の賃貸物件があります。このような物件であれば、勤務先の情報を正直に伝えても問題ないはずです。また、同じ棟の住民の生活リズムが近いので、騒音トラブルなどが起きにくく、安心して住めるかもしれません。

4.緊急連絡先や連帯保証人がいるか

賃貸物件に何らかのトラブルが発生したとき、大家さんは入居者に対して緊急で連絡を取りたいということがあるかもしれません。連絡を取りたいのに、本人の携帯電話につながらないと、対応に困ってしまいます。ですから、本人と連絡を取るための緊急連絡先も伝える必要があります。緊急連絡先は、本人の勤務先の電話を伝えるのが一般的なようです。しかし、水商売の人は、夜遅い時間までの勤務となり、昼の時間帯は勤務先の電話では連絡がつかないことが考えられます。

それから、前にもお伝えしたように、水商売の人は連帯保証人を頼める人がいないということも考えられます。そんなときは、連帯保証人の代わりに賃貸の保証会社を利用することが考えられます。賃貸の保証会社は、事情により家賃が一時的に支払うことができなくなったときに、本人の代わりに家賃を支払ってくれる会社です。保証会社に支払ってもらった分は、後日に清算ということになります。

5.過去に家賃やクレジットカードの滞納がないか

過去に家賃やクレジットカードの滞納があると、信用情報機関の『ブラックリスト』に載ってしまいます。『ブラックリスト』に載ってしまうと、「この人は家賃も滞納してしまうのではないか?」と疑われてしまいます。ですから、『ブラックリスト』に載っている人は、当然のごとく入居審査が落ちやすくなってしまいます。ただし、信用情報機関の『ブラックリスト』の記載は、5年経過すると削除されるようです。ですから、お金の使い方をしっかりと見直すことにより、その後の生活を立て直すことも可能です。そうは言っても5年間は長いですから、極力『ブラックリスト』に載らないように、計画的に行動することを心がけましょう。

『ブラックリスト』に載ってしまったとき、不動産屋には言いづらいことかもしれません。しかし、入居審査の際、信販系の保証会社は信用情報機関のリストを閲覧することができますので、『ブラックリスト』に載っていることを隠し通すことは難しいでしょう。ですから、不動産屋には『ブラックリスト』に載っていることを正直に話したうえで、賃貸契約について何か良い方法はないか詳しく相談してみることをおすすめします。

水商売の方が賃貸の審査に通るコツを紹介

水商売の方が賃貸の審査に通るコツを紹介

入居審査に通らないのに物件探しはしないですよね。でも逆に、入居審査に通るコツさえわかれば積極的に物件探しができるのではないでしょうか。ここからは入居審査に通るコツを6つ紹介していきます。ぜひ参考にして物件を探してください。

連帯保証人を立てる

「審査に通らない理由」でも書いていますが、親を連帯保証人として契約書に署名してもらうことで水商売の方でも物件を借りられる場合があります。

なぜなら、賃貸物件を貸す側としては支払いが保証されていないことがリスクになるからです。もし、連帯保証人を立てずに賃貸物件を貸して契約者に逃げられてしまうと連絡が取れずに家賃未納や部屋の修繕費用などのトラブルが発生します。ですが、連帯保証人を立てていれば何かトラブルがあった時には連絡が取れるわけです。

特に、収入や支払い能力で信用が得られづらい水商売の人は、連帯保証人を立てることで最低限の信用は得ておく必要があります。

親族名義で審査をかける

水商売の人の給料は、歩合制で収入の不安定な人が多いようです。お客様に人気のある人は、サラリーマンよりも稼ぐ人がいるようですが、一般的には景気や社会情勢に左右されやすく、収入が安定しないといわれています。

入居者の収入が不安定な場合は、入居審査が通りにくいため、族で収入が安定している人を賃貸の名義人とする『代理契約』という方法をとることがあります。たとえば、両親の収入が安定していて、自分の仕事についても理解してくれているなら、両親に『代理契約』をお願いすることができるかもしれません。

なかには、水商売をしていることを両親に言いづらくて伝えていないという人や、両親が仕事のことを理解してくれていないという人もいるでしょう。そんなときは、両親に『代理契約』をお願いするのが難しいでしょうから、別の方法を検討するようにしましょう。

入居審査の緩い物件を選ぶ

入居審査の緩い物件とは、保証会社、不動産屋、大家さん、この3者のチェックが甘い物件のことを言います。このようにチェックが甘い物件は、確かに存在するのですが、インターネットで検索して探すのは困難です。なぜなら、このような物件は、不動産会社にとっても例外的な物件なので、ホームページに載せていない場合も多いからです。

それでは、このようなチェックの甘い物件は、どのようにして探せばよいのでしょうか。それは、審査に強い不動産屋を見つけて、直接そこに相談してみることです。審査に強い不動産屋に直接相談することで、審査の緩い未公開物件などの情報も教えてくれることがあるようです。

それから、大家さんが不動産屋を介さずに直接入居者を募集しているケースがあります。特に水商売の人が多い繁華街の近くに物件を持っている大家さんは、水商売の人たちの事情をよく分かっています。また、大家さんは、空き部屋をそのままにしておくと、ローンの返済が厳しくなることも考えられます。ですから、入居審査を緩くして、借りやすくするというケースもあるようです。

入居審査の期間だけ昼職をする

水商売の人は、収入が不安定なので、家賃の支払いができるかどうか疑われてしまい、入居審査に通りにくくなります。そこで、入居審査に通りやすくするために、その期間だけでも昼の仕事をして、その会社名を賃貸契約書の勤務先に記入するという方法があります。

水商売の人は、収入面だけではなく、生活リズムの面でも、敬遠されてしまうことがあります。それに対して、勤務先が一般的な会社であれば、信用されやすいので、入居審査が格段に通りやすくなります。

水商売の人のなかには、本業が昼の仕事で、夜の水商売は週2日~3日などのようにアルバイト的にやっている人もいるようです。現在、仕事が水商売一本の方であっても、一時的に昼の仕事を本業にすることができれば、入居審査に通りやすくなりますので、時間的に可能かもしれないという方はぜひ検討してみましょう。

アリバイ会社を利用する

アリバイ会社(在籍会社)は収入や勤務先などを偽装してくれる会社のことです。入居審査が厳しくない不動産で水商売の人が物件を借りるときに8割が利用して審査を通しています。

具体的には入居審査を通すために給与明細署や源泉徴収書の発行代行や本当に会社に在籍しているかの確認電話に対応してくれます。数万円と安い値段で請け負ってくれるので水商売や無職の人が利用するケースが多いです。

源泉徴収書とは

その年1年間に会社から支払われた給与等の金額と自分が支払った所得税の金額が記載された書類

水商売専門の不動産会社を選ぶ

水商売の人を相手に入居審査を通しやすくする専門会社を利用することです。一般的な不動産会社との違いは入居審査に通りにくい人”だけ”を対象に物件を紹介してきた所です。

そのため、担当者は「どの物件の入居審査が緩いか」「どうすれば入居審査が通るか」「入居中の注意事項」「退去時にするべきこと」などを一般的な不動産会社よりも熟知しています。

また、水商売に理解のある管理会社や大家ともつながりがあるので交渉も有利に運べます。水商売の人の契約実績公開や入居後もサポートしてくれる不動産会社を選ぶことをおすすめします。

水商売の方が入居審査に通る物件を探す方法

水商売の方が入居審査に通る物件を探す方法

水商売の方が入居審査に通らない理由と通るコツを理解できたところで、本格的に物件探しをする段階です。ですが、どうやって探したらいいかわからないですよね。

物件数が限られている中で入居審査が通りやすく効率的に物件探しをしたいとなると考えなしに探していたら見つかりません。ここからは水商売の方必見の物件を探す方法を2つ紹介します。

紹介する方法を使うことで時間をかけずに高確率で物件を見つけることができます。ぜひ参考にしてください。

水商売の方向けの物件を探す

1つ目の方法は、「水商売OK」や「夜職歓迎」などが掲載されている物件を探すことです。ですが、基本的に数が少ないので希望にピッタリな物件を見つけるのは難しいです。具体的な数字でいうと、物件が100部屋あったとしてその内20〜30部屋程度しか水商売の人向けになっていません。

さらに、条件がピッタリな物件があっても住めないことが多いです。物件探しが難しい状況で狙い目なのが、水商売の人達が住んでいる「キャバクラマンション」と呼ばれるものです。

この物件には同じような生活リズムの人達ばかりが住んでいるので入居者同士のトラブルが起こりにくいです。ただし、こちらも数が少ないので不動産会社に直接相談して探してもらうことをおすすめします。

繁華街の近くにある物件を探す

2つ目の方法は、職場や繁華街の近くの物件を探すことです。なぜなら、水商売の人達の職場は風俗店やキャバクラ、ラウンジなどです。これらのお店は繁華街に多く、当然水商売の人達が住む物件も多いです。

そのため、繁華街を中心に探すと水商売をしている人でも借りやすい物件に当たる確率が高くなる可能性があります。繁華街のような夜遅くまで賑わう街だと昼夜逆転の生活リズムでもトラブルが起きるリスクは低くなります。

つまり、大家さんの立場だと貸してもいいという判断になります。夜のお店が集まる場所を狙って物件探しをするとあなたにピッタリの物件が見つかるかもしれません。

賃貸の入居審査に落ちてしまった時の対応をご紹介

入居審査に落ちないように気をつけて審査を受けた場合であっても、何らかの理由により落ちてしまうこともあるかもしれません。そんなときは、入居審査に落ちた理由を確認して、それに対処する方法を考えてみましょう。

このたびは、入居審査に落ちてしまった時の対応の仕方をいくつか紹介します。これらの対応のなかで、自分ができそうなことを考えて、次こそは通るようにしっかりと準備を進めていきましょう。

対応①賃貸物件や保証会社を変更する

一度、入居審査に落ちてしまった物件は、たとえ条件を変えて再度審査をお願いしたとしても、その物件の審査に通るのは困難であるといえます。ですから、入居審査が通りやすい別の賃貸物件を探すのが賢明でしょう。

注意すべき点は、一度入居審査に落ちてしまうと、その情報が信用情報機関に5年間残ってしまうということです。ゆえに、次の物件の入居審査における保証会社が『信販系』であれば、信用情報機関の記録が閲覧されてしまうため、ほぼ100%落ちてしまいます。ですから、不動産屋は『信販系の保証会社』ではなく『独立系の保証会社』と取引のあるところを選ぶことが大切です。

それから、前の項で述べたとおり、繁華街に近い物件を持つ大家さんは、水商売の人の事情がよく分かっていて、なかには保証会社を通さなくても賃貸契約ができることもあるようです。ただし、このような物件はインターネット上で非公開となっていることが多く、自力で探すのは困難です。ですから、水商売をやっている知人に聞いたり、繁華街の物件に詳しい不動産屋に聞いたりして、探してみると良いでしょう。

対応②水商売の入居に強い不動産屋にする

賃貸の不動産屋は、数多く存在しますが、それぞれ扱っている物件が違いますし、得意分野や強みも様々です。一般的な不動産屋ですと、水商売の人が賃貸物件を借りるのは難しくなります。しかし、繁華街の近くでは「水商売で働く人に特化した不動産屋」を営んでいる事業者がいます。

このような事業者は、水商売の人の悩みに応えようという理念で不動産屋を起業したはずです。水商売の人たちは、借金があったり保証人がいなかったりと、事情を抱えている人が多く、一般的な不動産屋で物件を借りるのは難しいということも分かっています。ですから、不動産屋選びに迷ったら、まずは水商売特化型の不動産屋を探して相談してみましょう。きっと、物件探しから入居までを、しっかりと支援してくれるでしょう。

対応③預金審査が出来る物件にする

預金審査とは、収入の不安定な人が、家賃を支払い続けるに十分な預金がある通帳のコピーを提出して審査をうけることをいいます。水商売の人は、収入が不安定なことが多く審査に通るのは難しいですが、家賃24か月分以上に相当する十分な預金があれば、家賃の支払いができると認められて、入居審査に通る可能性があります。

一般的に、高級な物件は入居審査が厳しいことが多く預金審査は難しいかもしれません。しかし、お手頃な家賃の物件のなかには、預金審査によって入居審査が通る物件があるようです。ただし、預金さえあれば必ず通るということではないようです。大家さんや不動産屋は、入居者の人柄をよく見ています。お金にルーズであるという印象を与えてしまったならば、家賃を後回しにして使いかねないと予想されてしまいます。賃貸契約は、家賃さえ支払えれば良いということではなく、人としての印象が決め手になることもあるということを頭に入れておきましょう。

水商売だと賃貸の審査に通りにくい?入居審査に通るコツのまとめ

水商売の方が賃貸物件の入居審査を通るのは難しいです。まず、保証会社や管理会社の審査が大きな壁となります。「収入や支払い能力に不安がある」「連帯保証人を立てられない」となると断られる確率が高くなります。

大きな壁をクリアしても他の入居者との生活リズムの違いでトラブルが起きる可能性があるので大家さんの審査も厳しくなります。クリアしないといけない壁はいくつもありますが方法はあります。

「アリバイ会社の利用」や「水商売の方向けの不動産会社を利用」などを駆使して入居審査に通りやすい物件を探し当てることができます。水商売の方向けの物件を探す方法があるので効率的に入居審査に通りやすい物件探しをしていきましょう。