賃貸住居を借りるときには、緊急連絡先の記載が必須になります。一般的には、親や兄弟姉妹など身内などで1名程度設定することが殆どです。しかし、生活スタイルの多様化が進んだことや、家庭や個人の事情により緊急連絡先を設定できないケースがあります。

このようなときに、役に立つのが緊急連絡先を代行してくれる会社です。代行会社と緊急連絡先に設定する契約を結ぶことで、「緊急連絡先がない」という事態を解消できます。

ここでは、緊急連絡先の代行でおすすめの業者について取り上げ、各々を詳細に解説していきます。

目次

アリバイ会社スタッフアリバイ会社スタッフ

下記の記事では、日本アリバイ協会の緊急連絡先代行サービスの詳細を記載しております。記事内では、緊急連絡先がいないときの対処法や緊急連絡先代行の利用例も併せて紹介しています。

緊急連絡先代行緊急連絡先代行|日本アリバイ協会は業界最安値に挑戦中!

緊急連絡先の記載が必要な理由

緊急連絡先の記載が必要な理由

緊急連絡先の記載が必要なケースは、緊急性の高い事案にも関わらず本人と連絡が取れないときになります。

例えば、賃貸住宅や周辺住宅の火災、家賃の滞納が発生している、隣接住戸からクレームが来ているなど、本人と連絡を取りたいにも関わらず連絡がつながらないときです。このようときには、一旦本人と連絡を取り次いで貰える人が緊急連絡先となります。

緊急連絡先の人が、身内や友人等であれば電話以外にメールやラインなど、別手段で本人と連絡が取れる可能性があります。また、家主にとっては、本人以外に連絡が取れる窓口があることで安心感にも繋がります。

緊急連絡先に連絡が行くケース

緊急連絡先に連絡が行くケース

ここでは、緊急連絡先に連絡が行くケースについて、詳細を解説していきます。なお、これらについて、緊急連絡先に記載された人に責任が及ぶことはありません。

緊急連絡先に連絡が行くケース

  • ケース①災害が起こって本人と連絡が取れないとき
  • ケース②本人がトラブルを起こしたとき
  • ケース③支払うはずの料金を滞納しているとき

ケース①災害が起こって本人と連絡が取れないとき

一つ目は、災害が起きて本人と連絡が取れないときです。

最も連絡を取るべき事案は、自宅の賃貸住宅で火災が起きたときになります。火災が起きた際には、建物内に人がいないかなどの安否確認が必要です。火災時に自宅にいたものの、直ぐに避難できていれば問題ないのですが、火災に気づかずに逃げ遅れてしまう可能性もあります。

その際、本人と電話で安否の確認をするも、繋がらない場合には念のため緊急連絡先に電話し、自宅で火災が起きており本人と連絡が取れていない旨を伝えます。仮に、本人は自宅を留守にしており、仕事中でたまたま電話が取れなかったというケースもあります。しかし、緊急性の高い事案のために本人と連絡が取れない場合には、即緊急連絡先に電話が入ります。

ケース②本人がトラブルを起こしたとき

二つ目は、本人がトラブルを起こしたときです。

本人が、隣接住戸の住民と騒音や嫌がらせなどでトラブルを起こしている場合、原則管理会社は本人の自宅や電話連絡などにて厳重注意を行います。しかし、本人と全く連絡が取れず対処ができない場合には、本人と連絡が取れる緊急連絡先の人に電話が入ることがあります。

また、緊急連絡先の人が親などの場合には連絡を取るだけでなく、トラブルを起こした相手方への謝罪に同席するなどの対応も必要です。

ケース③支払うはずの料金を滞納しているとき

三つ目は、支払うはずの料金を滞納しているときです。

家賃滞納時は、原則本人と保証人若しくは保証会社が対応します。しかし、本人と保証人に連絡が取れない場合、稀に緊急連絡先に連絡が入ることがあります。要件としては、家賃滞納を起こしている本人と連絡が取れないので連絡を取ってほしいなどの内容です。

身寄りがない場合に緊急連絡先代行業者が役立つ

一人暮らしの高齢者、外国人、友人や知人がいないなど、身寄りがない人の場合、緊急連絡先代行業者が役に立ちます。

緊急連絡先代行業者は、緊急時の窓口として本人に代わり緊急連絡先代行を行います。代行業務の申し込みは誰でもでき、緊急連絡先の窓口として即日対応が可能です。

賃貸の入居申し込み時など、急に緊急連絡先が必要になった場合、申し込みを行い必要な手続きを済ませれば、最短30分程度で代行の依頼が完了します。また、代行料金も概ね15,000円~16000円(2年契約)とリーズナブルなケースが多く、利用しやすくなります。

緊急連絡先は友人や知人などにも依頼できますが、余計な気を使ったりするなど、なにかと面倒です。その点、緊急連絡先代行業者は、友人や知人などに依頼することによる煩わしさがありません。

また、弁護士や行政書士に依頼すると、他の相談や業務との一環での依頼となり、緊急連絡先代行だけのためとなると割高になります。よって、利用しやすさ、価格のリーズナブルさから勘案すると緊急連絡先代行業者が最も役に立ちベストな選択と言えるでしょう。

緊急連絡先代行は違法じゃないの?

緊急連絡先代行業者に依頼することは、違法ではありません。

緊急連絡先を設定する理由は、家主や雇用主などが緊急事態発生時に本人と連絡が取れない場合、若しくは本人に緊急事態が起きた場合に、いち早く情報を伝えるためになります。

緊急連絡先には、本人以外の連絡先を取得できることにより、家主などへの安心感や信頼感を高める効果があります。

なお、日本国内で賃貸住宅を借りるには、緊急連絡先の設定が必須になっているケースが殆どで、仮に緊急連絡先がないと入居を断られるケースもあります。よって、緊急連絡先の設定は、一見法律的に決まっているように思います。

しかし、緊急連絡先は法律で決まっている事項ではなく、家主などへ安心感を与えることや信頼感を高めること、これまでの慣例で行われています。

仮に、緊急連絡先の記載を拒否しても賃借人に何ら違法性はありません。つまり、緊急連絡先代行業者に依頼すること自体も違法ではありません。

緊急連絡先を代行してもらえるおすすめの業者5選

緊急連絡先を代行してもらえるおすすめの業者5選

緊急連絡先を代行してもらえる業者は、インターネットで探すと簡単に見つけられます。ここでは、数ある代行業者のなかからおすすめ5選をピックアップし紹介していきます。

緊急連絡先を代行してもらえるおすすめの業者5選

  • 日本アリバイ協会|緊急連絡先代行業界で最安級
  • 緊急連絡先代行ドットコム|緊急連絡先代行の専門業者
  • 全国緊急連絡先代行アローズ|申込から最短30分で利用可能
  • スターレント保証|2年間の対応保証
  • 弁護士や行政書士

日本アリバイ協会|緊急連絡先代行業界で最安級

日本アリバイ協会

日本アリバイ協会は、業界最安値で緊急連絡先代行を行います。気になる代行に掛かる料金は、16500円です。問い合わせや無料相談は、電話・メール・ラインで24時間365日行うことができ、大変便利なサービスとなっています。

日本アリバイ協会は、親切丁寧、即日対応OK、全国対応などであることから、緊急連絡先の代行会社には最も使いやすいサービスと料金を提供しています。

緊急連絡先代行ドットコム|緊急連絡先代行の専門業者

緊急連絡先ドットコム

緊急連絡先ドットコムは、初回登録料5500円、サービス利用料は2年間で13,200円となります。利用の申し込みから利用開始までは原則来店等不要で、メール・FAX・郵送にて全ての手続きが可能です。

また、受付の窓口も年中無休で営業しているので、困っているときなどに役に立つのが、緊急連絡先代行ドットコムになります。

全国緊急連絡先代行アローズ|申込から最短30分で利用可能

アローズ

全国緊急連絡先代行アローズは、平日も土日祝も申し込みから最短30分で対応可能と、スピーディーさが最大の特徴となります。緊急連絡先は異なる3パターンから選択可能、全国対応、料金は9900円~27500円超となっています。

プランなどに迷った場合は電話やラインでの相談、お申し込みは公式HP上から24時間受付可能で、簡単に行えます。

スターレント保証|2年間の対応保証

スターレント保証

スターレント保証では、緊急連絡先の代行サービスを1名10,000円、2名20,000円、契約期間2年間で依頼できます。また、初回登録時のみ1万円が別途かかりますが、申し込みは電話かメールフォームにて簡単に行えます。また、申し込みに伴う手続きはFAXや郵送にて行うことができ、来店等は不要です。

弁護士や行政書士

最後は、弁護士や行政書士です。

例えば弁護士に依頼する際は、年間の顧問料を支払い緊急連絡先に指定できます。また、行政書士事務所でも緊急連絡先の代行を行うところがあります。これらの報酬は、弁護士で8万円~10万円、行政書士事務所では年間で1万円~2万円程度が相場です。

なお、弁護士に依頼するメリットは、賃貸契約や退去時にトラブルとなった場合に、適切な助言を受けられることになります。一方で、年間の顧問料は緊急連絡先設定の料金としてはコスパが悪いので、一般的に現実的ではないでしょう。

生活保護受給者は地方自治体に相談もアリ

生活保護受給者は地方自治体に相談もアリ

生活保護受給者の場合には、地方自治体への相談もできます

自身が住む自治体の窓口に緊急連絡先の相談を行うことで、ケアワーカーやケアマネージャーなど、自治体の職員が緊急連絡先になれることがあります。

他上記以外でも、自治体から援助などを受けており、緊急連絡先に設定する人がどうしてもいない場合は、一度相談してみるのがよいでしょう。

緊急連絡先の代行はNPOも相談に乗ってくれることがある

緊急連絡先の代行は、NPO法人でも相談に乗ってくれることがあります。NPO法人は、「特定非営利活動法人」と言われます。一般的な株式会社と比べて利益を目的としていないところが、大きな違いになります。

NPOは、さまざまな社会問題を解決するために設立された団体です。NPOを設立するメリットは、税金の優遇、人を雇用でき事業を拡大できる、社会的信用度が上がるなどがあります。

このようなNPO法人には、緊急連絡先の代行を行うところがあります。なお、NPO法人の緊急連絡先代行は、一人暮らし世帯を支えるサービスの一環として行われるケースが殆どです。よって、緊急連絡先代行のみをNPO法人に依頼できるケースはほぼありません。

つまり、NPO法人での緊急連絡先代行は、身元保証サービスや生活サポートサービスの中に組み込まれています。NPO法人とサポートの契約を交わし、緊急連絡先の代行を依頼すると受けられます。

緊急連絡先不要の物件を選ぶという手段もある

緊急連絡先の設定がどうしても難しく、また緊急連絡先代行業者に依頼するのも面倒若しくは費用が勿体ないと考える人には、緊急連絡先不要の物件を選ぶという手段もあります。

検索サイトにて、「緊急連絡先不要 賃貸」と検索すれば、比較的簡単に検索できます。

一方で、問題もあります。このような緊急連絡先不要の物件は、大変数が少ないことです。エリアを限定してしまうことや物件自体の条件を細かく設定すると、見つからない可能性が高いことがあります。

つまり、UR賃貸住宅など保証人不要の物件は数多くありますが、これに比較すると緊急連絡先不要物件は数が少ないことがわかります。緊急連絡先不要物件を自らが住みたいエリアで探そうとする場合には、物件を探す条件は妥協する必要があります。

緊急連絡先の代行を無料でしてもらうことは出来る?

緊急連絡先の代行を無料で行う業者はありません。しかし、普段より生活保護などを受けているなど自治体の窓口に行く機会が多い人では、緊急連絡先代行の相談することで対応してもらうケースがあります。

自治体のケースワーカーなどの人を紹介してもらい、緊急連絡先となってもらうことができます。これらは、自治体により対応するケースが異なるので、一度相談してみるのがよいでしょう。

緊急連絡先と連帯保証人は全く意味が違う

緊急連絡先と連帯保証人は、どちらも同じような性質と勘違いしている人もいます。しかし、両者は全く違うものです。

緊急連絡先とは、家主が緊急時に連絡取れないときの連絡手段で、身内だけでなく友人や知人、恋人などでも問題ありません。また、本人が家賃の未納などを行ったときに支払いを行う義務はないのです。つまり、緊急連絡先は本人と連絡取れないときの連絡手段にしかすぎません。

しかし、連帯保証人は本人が賃料の延滞や未納を行ったときに、賃料の支払いをする人になります。つまり、緊急連絡先に比べるとその責任は重く、さらに経済的な負担を行うケースもあります。

また、保証人になれる人には、本人同様の家賃の支払い能力が必須になります。よって、職業、年齢、収入など一定の審査が必要です。さらに、保証人は原則3親等以内の親族に限るケースが殆どであり、友人や知人・恋人など親族以外への依頼ができないことが、緊急連絡先との大きな違いになります。

緊急連絡先がいないからと嘘を書くのはリスクだらけ

緊急連絡先がいないからと嘘を書くのはリスクだらけ

緊急連絡先は、緊急時に連絡をする大事な連絡先です。しかし、緊急連絡先に連絡することは滅多にありません。そこを逆手に取り、緊急連絡先に嘘を書くのは高リスクしかありません

例えば、災害や天災が起きたときの安否確認が取れないことや、記載した情報が嘘だと発覚すれば家主や管理会社の信頼を失います。また、最悪は法的措置により強制退去を命じられるケースもあります。

よって、緊急連絡先がいないからと嘘を書くことは避け、頼める人がいない場合には費用を負担してでも代行業者などに依頼するのがおすすめです。

緊急連絡先としての記載を断られる可能性の高い人

緊急連絡先としての記載を断られる可能性の高い人

賃貸入居時に記載しなければならない緊急連絡先ですが、誰でもなれるわけではありません。一般的には、親や兄弟姉妹などの親族や、友人・知人などが候補となりますが、緊急連絡先になれる人の条件は緊急時に適正な対処ができるか、になります。

よって以下に挙げる人は、このような適正な対処ができない可能性が高く、緊急連絡先として記載を断られる可能性があります。

緊急連絡先としての記載を断られる可能性の高い人

  • 高齢者や未成年
  • 認知症の方
  • 精神障害を患っている方

高齢者や未成年

まずは、高齢者や未成年です。

緊急連絡先の人は、緊急時に電話した際にしっかりと相手の話を聞けることや、要件に対し適正に対処できる能力が必要となります。高齢者の中には、耳が遠い人や電話を満足に取れないなど身体的な動作に不自由な人もいます。また、小学生や中学生などの未成年者は、社会性が乏しく、緊急時に的確に対処できない可能性があります。

よって、耳が遠いなど緊急時の対処に不安がある高齢者と、未成年者を緊急連絡先に記載すると断られるケースがあります。

認知症の方

次に、認知症の人です。

認知症の人が緊急連絡先になると、緊急時に電話するも要件等がうまく伝わらず、緊急連絡先としての役割を果たせない可能性が高くなります。もともと、認知症の人は他人の介護が必要なケースが多く、電話等も満足に取れないことや話しすらまともにできないことも多いのです。

よって、認知症の人に連絡することにより、伝達がうまくできずに余計に混乱してしまうケースも考えられます。

精神障害を患っている方

最後は、精神障害を患っている人です。

こちらも認知症の人と同様に、日常生活に於いて他人の介護が必要な状態であるため、緊急時に満足な対応ができるとは考えにくくなります。よって、精神障害がある人も緊急連絡先には相応しくなく、断られる可能性は高いでしょう。

緊急連絡先に関する質問をまとめました

緊急連絡先に関する質問をまとめました

賃貸入居時に必須の緊急連絡先について、疑問に思う点が数多くあります。ここでは、緊急連絡先について代表的な疑問点とその答えについて紹介していきます。

緊急連絡先に関する質問

  • 家賃を滞納すると緊急連絡先に連絡がいく?
  • 緊急連絡先は家賃支払いなどの金銭的負担はある?
  • 緊急連絡先にする人は変更できる?
  • 緊急連絡先として書く内容は何?
  • 緊急連絡先は1人でも大丈夫?
  • 緊急連絡先になる人の自筆やハンコは必要?

家賃を滞納すると緊急連絡先に連絡がいく?

家賃滞納が起きたときに、直ぐに緊急連絡先に連絡が行くことは、まずありません

理由は、家賃滞納は本人と保証人(若しくは保証会社)に原則連絡が行くからです。滞納後は管理会社から電話での家賃支払いの催促や督促状の送付をするなど、段階を踏んで支払いの催促をしていきます。

そのなかで、管理会社が本人と連絡が取れないこと、若しくは保証人とも連絡が取れない場合の最終手段として、緊急連絡先に連絡が入るケースがあります。このときの連絡は支払いの催促ではなく、本人と連絡が取れない旨を管理会社から聞き、本人との連絡を取り持つことが最大の役割となります。よって、連絡が行くとしても、滞納から1か月以上経過した時点以降になるでしょう。

緊急連絡先は家賃支払いなどの金銭的負担はある?

緊急連絡先の人に家賃の支払いなどの責任が及ぶことはなく、金銭的な負担はありません

緊急連絡先にする人は変更できる?

個人の諸事情により緊急連絡先を変更することは、あります。よって、次の緊急連絡先をしっかりと確保することと、変更となる理由を説明できれば問題ありません。

緊急連絡先として書く内容は何?

緊急連絡先として書く内容は、主に「名前、住所、連絡先、続き柄」になります。なお、緊急連絡先の人の住所や電話番号が変更になった場合には、遅滞なく変更を申し出る必要があります。

緊急連絡先は1人でも大丈夫?

原則1名でも問題ありません。殆どの賃貸住居は1名ですが、UR賃貸住宅などでは稀に2名のときがあります。

緊急連絡先になる人の自筆やハンコは必要?

緊急連絡先になる人の自筆やハンコは必要ありません。なお、友人や知人など親族以外に依頼するときや、親族間でも親や兄弟姉妹以外の人に依頼する場合には事前に許可を取っておいたほうが無難です。

緊急連絡先は彼氏・彼女でも問題ない?

緊急連絡先は、身内に限るという規定はありません。家主にすれば、本人と連絡がしっかりと取れる人であれば誰でも良いのです。よって、緊急連絡先は彼氏や彼女でも全く問題ありません。

緊急連絡先は、緊急時に本人と連絡が取れないときの連絡手段です。恋人が緊急連絡先であれば、本人への電話以外の連絡手段としてメールやラインなど、SNSを駆使してあらゆる手段を取ることができます。

つまり、親など身内より連絡が取りやすいことがあるのです。

なお、恋人を緊急連絡先に設定しても問題ありませんが、その後別れてしまうケースもあります。このようなときには、緊急連絡先を速やかに再設定する必要があるのが唯一の注意点です。

賃貸契約には緊急連絡先の代行サービスを使うのもおすすめ

賃貸契約には緊急連絡先の代行サービスを使うのもおすすめ

賃貸契約で緊急連絡先になる人がいなければ、代行サービスを使うのがおすすめです。年間のコストは掛かってしまいますが、頼める人がいなければ依頼するしかありません。なお、代行会社は業界最安値の日本アリバイ協会がおすすめです。日本アリバイ協会では、ラインや電話での相談を24時間受付しています。即日対応も可能となるので、まずは日本アリバイ協会までご相談ください。