賃貸物件を探していると、『単身専用』や『二人入居可』と表記されていることがあります。これは、部屋の広さや防音性などにより決められているようです。このうち『二人入居可』の物件であっても、同棲を希望するカップルは、入居審査に落ちてしまうことがよくあるようです。

同棲を希望するカップルが審査に落ちやすくなってしまうのは、なぜなのでしょうか?このたびは、カップルが入居審査に落ちやすくなる理由や、その対策について詳しく解説してまいります。

賃貸物件を借りて、同棲を始めたいと考えている皆さん。入居審査は、1回でも落ちてしまうと、信用情報に傷がついてしまいます。そうならないために、しっかりと知識を得て、対策が必要であれば早めに手を打ちましょう。

目次

最終更新日:

アリバイ会社スタッフアリバイ会社スタッフ

以下の記事では、賃貸の入居審査に落ちてしまう全理由や、入居審査に通るコツを紹介しています。希望する物件の入居審査に、一度落ちてしまうと物件を変えなければなりません。入居審査に少しでも不安がある方は、審査前にぜひ一度ご確認ください。

賃貸契約の入居審査で落ちる理由は?審査に落ちる人と通る人の特徴を徹底解説!賃貸契約の入居審査で落ちる理由は?審査に落ちる人と通る人の特徴を徹底解説!

カップルが同棲をするときに知っておくべき賃貸の規約

カップルが同棲をするときに知っておくべき賃貸の規約

物件の大家さんは、「借主には、できるだけ長く、トラブルを起こさずに暮らしてもらいたい。」と考えています。カップルが同棲するとなると、大家さんはリスクが増えてしまいます。このリスクを回避するために、『賃貸の規約』を定めているところが多いようです。

この規約によりますと、同棲を希望するカップルが気をつけるべきポイントは次のようになります。

賃貸の規約によるポイント

  • 片方の家に無断で同居するのは基本的に不可
  • 同棲できる物件には制限がある

次の項では、これらのポイントについて詳しく解説してまいりますので、ぜひご覧ください。

片方の家に無断で同居するのは基本的に不可

テレビドラマなどでは「俺、実は彼女のアパートに転がりこんじゃった。」などというセリフを耳にした人もいるかもしれません。しかし、現実はそう簡単にはいかないようです。

大家さんのなかには「リスクを避けたいので、同棲カップルは断る。」と決めている人もいるようです。対して、同棲カップルを受け入れるという大家さんもいますが、入居審査が厳しくなることが考えられます。したがって、無断で同居を始めるという行為は、大家さんにとっては信じがたい常識外れな行為ということになります。

ですから、同棲を始めたいという場合は、必ず大家さんや不動産屋に連絡して許可をもらうようにしましょう。

同棲できる物件には制限がある

賃貸物件のなかには『単身専用』となっているところがあります。このような物件は、一人暮らしを想定して設計されているので、部屋が狭く防音性があまり良くないようです。ですから、基本的にカップルで同棲は認められません。

『二人入居可』となっている物件であっても、同棲が認められるとは限りません。結婚もしくは婚約している二人であれば、入居できる可能性は高いようですが、同棲カップルとなると簡単に入居とはいかないケースもあるようです。

大家さんや不動産屋は、「同棲カップルを入居させると、様々な問題が起きるかもしれない。」と考えていることが多く、そのリスクを回避するために、入居審査は厳しくすることが考えられます。

 

カップルの同棲が入居審査に落ちやすい理由

カップルの同棲が入居審査に落ちやすい理由

大家さんは、借主にはできるだけ長く住み続けてもらいたいと願っています。しかし、カップルの場合、その関係性が長く続くとは限りません。関係が破綻してしまえば、住み続けることは難しくなるでしょう。

ですから、カップルの場合、入居審査は必然的に厳しくなり、審査に落とされるカップルも出てきます。この項では、カップルが入居審査に落ちやすい理由を、具体的に解説してまいります。

①長期間同棲する保証がない

婚約をしていないカップルは、同棲を始めて1年以内に別れてしまう確率が、かなり高いと言われています。同棲を始めると、お互いに嫌なところが目につくようになりますから、喧嘩が増えてくるかもしれません。なかには、仲直りできない状況になってしまうカップルも出てくるでしょう。

同棲していたカップルが別れてしまったとき、一人が出ていくか、二人とも出ていくことになります。大家さんは、一人が出ていけば家賃を滞納されるかもしれないという心配がありますし、二人とも出ていけば空き室を埋める努力が必要となってきます。

②家賃を滞納されてしまう危険性が高い

賃貸契約は、一般的に2年間となっていることが多いようです。契約期間の途中で解約するとなると、違約金を支払わなくてはなりません。したがって、同棲しているカップルが、同棲を解消することになれば、二人のうち一人が出ていくというケースが多いようです。

一人が出ていってしまうと、残って住み続ける人に、家賃や光熱費などの負担が大きくのしかかってきます。そして、生活が苦しくなり、家賃を滞納されてしまうことも十分に考えられます。

③騒音トラブルにつながりやすい

同棲カップルで20代の若い人などは、交友関係が広い人も多いはずです。なかには、頻繁に友人を住居に招いてパーティーをして騒いでしまうようなカップルがいるかもしれません。そうすれば、隣や上下の階の人達に迷惑をかけることになってしまいます。

あまりにひどいケースであれば、大家さんにクレームがいくはずです。そうすれば、厳重注意を受けるか、最悪の場合は退去を求められるでしょう。もしも、騒いでいるカップルが生活を正せないときは、いままで平穏に暮らしていた隣や上下の住人が退去してしまう可能性さえもあります。

このような状況になれば、大家さん自身も信用を失ってしまうことになります。大家さんにとっては、単身入居であれば、このような心配をする必要はありません。しかし、カップルの入居の場合は、リスクがあるので、慎重に審査したいと考えるようになるのです。

④部屋の劣化が起きやすい

前の項③で述べたように、若いカップルは頻繁に友人を招く人が多く、複数人でパーティーのようなことをしてしまうと、壁や床を汚されたり傷つけられたりする可能性が高くなります。

それから、同居して数か月経つと、お互いの嫌なところが見えてきて許せなくなって、喧嘩になってしまうこともあり得ます。そうなると、感情のコントロールがうまくできない人であれば、物を投げつけたり、壁を蹴ったりすることもあるかもしれません。その結果、部屋の中が荒らされたような状態になってしまうことも考えられます。

 

カップルの同棲が入居審査に通りやすくなる方法

カップルの同棲が入居審査に通りやすくなる方法

カップルの同棲は、様々な理由により入居審査に通りにくいことはお分かり頂けたかと思います。それでは、同棲カップルが審査に通りやすくするには、どのような方法があるのでしょうか?この項では、同棲カップルが審査に通りやすくなるポイントを3点に絞って解説します。

「入居審査に通るか不安だけど、何とか同棲したい。」と考えている皆さん。次にあげるポイントがクリアできれば、審査に通る可能性がかなり高くなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

①家賃が高い物件を選ばない

大家さんは「同棲カップルは、短期間で別れてしまって、そのあと家賃の支払いが滞るのではないか。」と心配しています。ですから、別れて一人になったとしても、しばらくは家賃の支払いに困ることがないように、家賃が高い物件は避けるのが賢明といえます。

同棲を考えているカップルが、別れを想像するのは難しいかもしれません。しかし、家賃が支払えなくなるという現実に直面することもあり得ます。このような事態に対応できるように備える気持ちが大切です。

②同棲相手を連帯保証人にする

連帯保証人は、借主の肉親にお願いする人が多いことは、ご存じの方もいるかと思います。ただし、大家さんの立場からすると、場合によっては連帯保証人が一人だけでは不安であるということがあるかもしれません。そんなときは、連帯保証人を二人立てるというケースもあるようです。

そこで、カップルのうち一人が借主、もう一人が連帯保証人になるという方法があります。大家さんは、つねに家賃滞納に備えたいと考えていますので、連帯保証人が二人になれば安心感が増すことになり、入居審査にも通りやすくなるといえるでしょう。

③不動産会社の担当を味方にする

不動産屋は、物件探しから入居申込、賃貸契約にいたる間、いろいろと面倒をみてくれます。その不動産屋と仲良くなることができれば、良い物件を紹介してくれたり、入居審査に通りやすくする方法を教えてくれたりするかもしれません。

それでは、不動産屋と仲良くなるには、どんなところに気をつければよいのでしょうか?仲良くなるには、まずは信頼関係が大切です。同棲を始めるために、物件を探したいのであれば、不動産屋には極力カップルで行くようにしましょう。不動産屋が「このカップルは仲が良いので、同棲しても大丈夫だろう。」と感じてくれたら、入居審査に通りやすくなるはずです。

 

カップルの同棲向け物件の特徴

カップルの同棲向け物件の特徴

カップルで同棲する場合、どのような物件が合うのでしょうか?それは、カップルにより価値観が違うはずなので、自分たちの価値観に合った物件を探したいところですよね。

同棲カップルが、どんな間取りに住んでいるか調査すると、2LDKが一番多く、次いで1LDKとなっているようです。2LDKであれば、二人で過ごすリビングのほかに部屋が2つあるので、お互いに一人の時間を確保することができます。よって、余裕のある暮らしができるでしょう。

しかし、なかには四六時中一緒に居たいというカップルがいるかもしれません。そんなときは、1LDKでも十分快適に過ごせるはずです。

[補足] 物件の間取りについて

●1LDK(1部屋+リビング+ダイニングキッチン):二人で暮らすにはギリギリの広さ
●2LDK(2部屋+リビング+ダイニングキッチン):二人暮らしには最適の広さ

このように、カップルの価値観は様々ですから、自分たちの価値観に合わせて、快適に長く住み続けることができるような物件を探すことが大切であるといえます。

この項では、カップルが物件を選ぶときに必要と考えられるポイントを3つに絞って解説していきます。最適な物件選びの参考になれば幸いです。

①家賃が継続的に支払える物件

同棲生活を長く続けるためには、家賃をしっかりと払い続けることが大切です。自分たちの収入に対して、家賃が高すぎる物件は、住んでいる途中で生活が苦しくなってしまうことがあるかもしれません。金銭的な余裕が無くなると、お互いにイライラしがちになり、二人の仲に亀裂が入ってしまう恐れもあります。

ですから、どちらか一人でも支払っていけるくらいの家賃の物件を探した方が賢明といえます。そのような物件であれば、二人の収入を合わせて暮らしていけば、金銭的な余裕があるので、気持ちにもゆとりが出てくるはずです。

②二人で入居ができる物件

同棲カップルのなかには、部屋がせまくても平気だという人もいるかもしれません。けれども、物件情報に『単身専用』とあれば、二人で住むことはできません。そもそも『単身専用』の物件は、建築設計の段階から一人で住むことを前提に造られており、部屋数が少なく、防音性が弱いという特徴があります。

物件情報に『二人入居可』とあれば、そこで同棲できる可能性があります。しかし、『二人入居可』となっていても、夫婦や肉親なら受け入れるが、同棲カップルは受入れないという物件もあります。大家さんの立場からすると「同棲カップルは、短期間で別れてしまい、住み続けることができなくなるかもしれない。」というリスクがあるため、敬遠されてしまうようです。

このように『二人入居可』となっていても、同棲できるとは限りませんので、同棲できるかどうかの確認は、不動産屋に足を運んで直接聞いてみましょう。「良い物件を探して、二人で長く暮らしたい。」という気持ちを誠実に伝えれば、不動産屋は同棲カップルに最適な物件を紹介してくれるはずです。

③ルームシェアができる物件

ルームシェアとは、1つの物件を複数人で賃貸契約して同居することを言います。『ルームシェア可』という物件は、2000年を過ぎてから、首都圏に増えてきたようです。

一般的な同棲では、二人のうち一人が賃貸契約して居住し、家賃の支払いについては契約者が責任を持つことになります。対して、ルームシェアでは、住人一人ひとりが契約者となりますので、住人全員が家賃の支払いの責任を持つことになります。

ルームシェアの場合、住人全員で家賃や光熱費を“割り勘”で支払うというケースが多いようです。ですから、一人当たりが支払う金額は、大きく下げることができますから、金銭的なメリットは大きいといえるでしょう。

ところで、ルームシェアが広まり始めた2000年頃は、同性の人達でシェアするケースが多かったようです。そして、その後は、異性の人達でシェアするケースが見られるようになりました。なかには、カップルで実質同棲している人もいるようです。

カップルの同棲の際の賃貸契約書について

カップルの同棲の際の賃貸契約書について

賃貸契約の際に必要となるの賃貸契約書ですが、一人暮らしの場合であれば入居人の名義で契約をするのが一般的です。

しかしながら、カップルで同居する際には契約者の名義を誰にすれば良いのかと迷ってしまうこともあるかと思います。

ここでは、同棲の際の賃貸契約書の名義について解説します。

同棲する際の契約者は誰にするのが良いのか

カップルが同棲する際の賃貸契約書に記載する契約者のパターンは主に2パターンあります。

カップルそれぞれの収入や事情に応じて、審査に通りやすくなる方を選ぶのが入居審査に通りやすくなるためのポイントです。

①収入が多い方が契約者になるパターン

カップルのうち片方の収入が多い場合は、収入の多い方を契約者にすることで入居審査に通りやすくなると言われています。

大家さんや不動産会社にとっては、契約者が二人に別々であるよりは契約者が一人の方が家賃滞納などのトラブルが起きた際に対応がしやすいためです。

収入が多い方が契約者になる場合、契約者でない方の続柄は「同居人」となり、契約書には契約者名、同居人名、続柄、年齢などの情報を記載することになります。

②それぞれが契約者になる連名契約のパターン

カップル一人の収入では家賃の支払いがギリギリになってしまう場合は、カップルそれぞれが契約者になる連名契約をすることで審査に通りやすくなると言われています。

連名契約の場合、破局などの理由でカップルの一方が退去することになったとしても再び契約をする手間が省け、大家さんや不動産会社の負担が軽減されるからです。

連名契約の場合、それぞれが契約者となるため、契約者それぞれの書類の提出が必要になります。

カップルの同棲の審査についてのよくある質問

カップルの同棲の審査についてのよくある質問

新卒で同棲を考えているのですが、入居審査に通りますか?

新卒で同棲をする場合でも、入社後の給料で家賃の支払い能力があるとみなされれば審査に通ると言われています。

特に、大学を卒業後の就職の場合だと、大学を卒業しているということから社会的信用を得やすく、審査に通りやすいと言われています。

しかし、大卒でない場合でも不動産会社によっては審査に通ることもありますので、新卒で審査に通るか不安な場合は、まずは不動産会社へ相談して、審査に通ることが可能であるか確認しましょう。

審査の際は、内定通知書が必要となりますので、内定通知書を紛失することの無いように注意しましょう。

同棲相手が無職の場合でも入居審査に通りますか?

同居人(同棲相手)が無職の場合でも、契約者に家賃の支払い能力がある場合は、部屋を借りることはできると言われています。

ただし、同居人が無職で支払い能力がない場合(無職で十分な貯金もない場合)は、カップルそれぞれが契約者となる連名契約はできないことが多いので注意が必要です。

また、同居人が無職であるが、入居後に就職する予定がある場合はその旨を不動産会社に伝えることによって審査が通りやすくなる場合があるので、入居後の予定を不動産会社に伝えることも審査に通りやすくなるポイントです。

同棲相手が婚約者の場合でも入居審査に通りにくいのでしょうか?

同居人と婚約をしている場合、婚約をしていない場合よりも審査に通りやすくなると言われています。

婚約をしている場合、破局などで家賃が支払えない・入居してすぐに退去してしまうリスクが比較的少ないためです。

入居審査に通りやすくするためにも、婚約をしている場合は、不動産会社や大家さんに婚約をしている旨を伝えるようにするのがおすすめです。

【同棲だと賃貸契約の審査に落ちる?カップルが審査に通りやすくなる方法を解説】まとめ

【同棲だと賃貸契約の審査に落ちる?カップルが審査に通りやすくなる方法を解説】まとめ

ここまで、カップルで同棲する場合の難点や対策について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

カップルが入居審査に通るのはそう簡単ではありませんが、しっかりと知識を得て、対策をとれば、審査に通ることがお分かり頂けたと思います。

入居審査において最も重要とされるのは、家賃の支払い能力であるため、いかにカップルお二人の家賃の支払い能力があるかを示していくことが重要となります。

また、あくまでも同棲のカップルが入居審査に通るかは不動産会社や大家さん、家賃保証会社によるので、まずは不動産会社に同棲でも審査が通るかの確認が必要です。

彼氏彼女の二人で、楽しい同棲生活を望んでいる皆さん。このたびの記事を参考にして、ぜひとも二人にとって快適な物件の契約を勝ち取りましょう。