水商売をしている人の場合、賃貸物件を借りることができないケースがあります。そしてその理由についてはなかなか教えてもらうことができません。

ただ、賃貸物件を契約するのは無理なのかというと、そんなことはありません。そこで当記事では、水商売をしている人が賃貸物件を借りられない理由と、借りるための方法について解説していきます。

目次

水商売は賃貸を借りられない理由3選

水商売は賃貸を借りられない理由3選

現実問題として、キャバ嬢や風俗嬢、ホストといった水商売をしている人は、賃貸物件を申し込んだとしても審査に通過できないことが多いです。賃貸物件を借りるための入居審査は下記の3段階の審査があるといわれています。

入居審査の調査項目

  • 収入および支払い能力の審査
  • 経歴・家族構成等を審査
  • 基本的な礼儀・人柄等を審査

このことを踏まえた上で、水商売の人が審査を通過できない理由は以下の通りです。

①収入に安定性がないため

水商売をしているの人の給料は固定給でなく歩合給のため、得られる収入が不安定になってしまう傾向があります。そうなると、「収入が少ない月に家賃が払われなくなるリスクがある」と見なされてしまい、入居を敬遠されてしまいます。

そのため、家賃を支払うのに十分と思われる残高がある場合は審査に通る可能性が上がるので、給料明細や通帳のコピーを提出しましょう。ただ、たとえ一般的なサラリーマンより稼いでいたとしても、「いつ収入がなくなってもおかしくない職業」と見なされてしまうため、賃貸の審査は通過しにくいといえます。

②他の居住者とのトラブルを避けるため

物件の管理会社や大家さんが水商売をしているの人の入居を断っている理由の一つとして、「他の居住者とのトラブルを避けるため」というものが挙げられます。水商売の人は、夜に仕事をして朝に帰ってくるという生活スタイルが多く、他の入居者と生活時間帯がズレてきます。

その結果、帰宅時の足音や生活音が気になるという騒音トラブルに発展しやすく、敬遠されているという理由です。もちろん水商売の人が必ずもめ事を起こすということではないですが、こういったことを想定して、あらかじめ入居を断っているというケースが多いようです。

③水商売は犯罪に巻き込まれやすいため

金銭被害や客からのストーカー被害など、水商売の人には巻き込まれやすいトラブルがあり、犯罪に発展してしまう可能性もあります。特にストーカー被害の場合、物件の治安が著しく悪くなってしまいます。

また、水商売の人は飲酒をしていることが多く、他の入居者と喧嘩をしてしまうというトラブルも考えられます。部屋を貸す側からしても、なるべくリスクを無くして継続的に収益を得ていかなければならないので、水商売の人は断られやすくなっています。

④他の職種に比べて夜逃げされるリスクが高いため

これは水商売で働いている全ての人に当てはまる事ではありませんが、賃貸契約の統計上水商売で働いている方は家賃を滞納した挙句夜逃げをする方が多いことも賃貸契約において水商売の人が嫌われている理由の1つです。

特に水商売の中でも、ホストが最も夜逃げ率が高いと言われており、スナックやキャバクラで働いている女性と比べても審査の通過は簡単ではありません。

仮に現状ホストとして働いており住む場所を自力で探さなければいけないのであれば、ホストだと自分から打ち明けないことがおすすめです。

自分から打ち明けなかったとしても、派手な髪形や派手なアクセサリーを身につけるなどのいかにもといった格好をしているとすぐにホストか尋ねられてしまうため注意してください。

水商売でも賃貸物件を借りる方法6選

水商売でも賃貸物件を借りる方法6選

賃貸の管理会社や大家さんからあまり良い印象を持たれない水商売であっても、賃貸物件を借りることは可能です。以下のポイントを押さえておけば審査に通過する確率を上げることができるので、参考にしていただけたらと思います。

①水商売でも借りられる物件を選ぶ

物件によってですが、賃貸の管理会社や大家さんが最初から「水商売をしている人は不可」という制限を設けていることがあります。その場合は前提条件として入居は難しいので、申し込みの段階でそのような制限があるかどうか確認をしておきましょう。

すべての管理会社や大家さんが「水商売は不可」というわけではないので、不動産屋を当たって根気強く探してみましょう。仮に相談をした不動産屋で紹介できる物件が無かった場合、そのまま進めてしまうとお互い時間と労力の無駄になってしまいます。少し言いずらいかもしれませんが、効率的に物件探しをするためにも最初にある程度の情報開示はしておいた方が良いでしょう。

②審査が緩い保証会社を利用する

入居審査をする際に使われる保証会社ですが、会社によって審査が厳しい場合、甘い場合があります。また、保証会社や大家さんのチェックが甘い物件も確かに存在します。そのため、一つの賃貸を断られたからといって、すぐに諦める必要はありません。

ただ、こういったチェックが甘い物件はインターネットで検索してもなかなか見つけることはできません。なぜなら、チェックが甘かったり審査が緩い物件は例外的な物件であり、ホームページ自体に載せていないことも多いからです。

そのため、こういった物件を見つけるためには「審査に強い不動産屋に直接相談する」「不動産屋を介さずに直接入居者を募集している大家さんを探す」などの手段で探していくのがおすすめです。

③不動産屋での印象を良くする

たとえ保証会社の審査に通ったとしても、不動産屋での印象が悪ければ審査を落とされてしまう可能性があります。なぜなら、不動産屋の担当者は「どのような人が入居を希望しているのか」管理会社と大家さんに直接伝えることがあるからです。

大家さんにとっては大事な物件を貸すわけなので、印象が悪いという報告を受けた場合、その時点で物件を貸すことに消極的になってしまいます。そのため、不動産屋に行く時は下記の項目に注意し、良い印象を持たれるように心がけましょう。

身だしなみチェックリスト

  • 髪は盛らないようにする
  • 露出の多い服は着ないようにする
  • アクセサリーは最小限にする
  • ナチュラルメイクを心がける

また、服装だけきちんとしていればいいわけではなく、話し方についてもチェックされるので気を付けましょう。

④親族に代理契約してもらう

水商売を始めたばかり等の理由で収入が安定していない場合、親族に代理契約を頼むという手もあります。代理契約というのは、自分以外の人に代理で契約者になってもらうことを指し、基本的には親族しか行うことができません。

両親が年金生活中という場合であれば、収入が安定している兄弟に頼むこともできます。ただ、「家族に水商売をしていることを知られたくない」ということであれば、別の方法を検討しましょう。

⑤水商売NGの物件は避ける

最初の段階で水商売NGの物件は避けるようにするのが賢明です。不動産屋に行く場合、最初に水商売の職に就いている旨を伝えて、「水商売不可」の物件を避けて探してもらうようにしましょう。

そうすることによってお互いの手間も省けますし、「よく分からない理由で審査を落とされてしまった」とがっかりしてしまうことも防げます。

⑥昼仕事を始める

前述したように、水商売をしている人は収入が不安定と見なされてしまうので入居審査は通りにくくなります。そのため、入居審査の期間だけ昼仕事を始めて、その会社名を賃貸契約書の勤務先欄に記入するという対策もあります。

水商売をしていた場合は、収入面の不安定さだけでなく、生活リズムの相違によるトラブルなども敬遠されてしまう要因となっています。そのため、勤務先が一般的な会社であれば敬遠される要因を無くすことができ、入居審査も通りやすくすることができます。

もちろん、今までの仕事と昼仕事を同時にこなすというのは精神的にも体力的にも厳しいので、「短期間であれば可能」という人は検討してみることをおすすめします。

⑦水商売専門の不動産屋を選ぶ

不動産屋の中には、水商売専門でサービスを提供しているところもあります。特に繁華街にある不動産屋は水商売の人も受け入れていることが多く、インターネットなどで調べるより早く物件を見つけることができます。

また、水商売歓迎の不動産屋であれば水商売に理解のあるスタッフがいて、より親身なサポートを受けることもできます。一般的な不動産屋の場合は遠回しに対応を断られやすいので、近くに水商売専門の不動産屋があれば検討してみましょう。

⑧収入が安定している連帯保証人を立てる

もしも親族の中に収入が安定しており、自分と同等またはそれ以上の収入を得ている方がいるのであれば、その人に連帯保証人を頼むことがおすすめです。

連帯保証人とは、お部屋の契約者が何かしらの事情があり家賃を支払い続けられなくなってしまった際や、家賃を滞納してしまった際に代わりに家賃の支払い義務を負う役割です。

大家さんはお部屋を貸す際に絶対に家賃を滞納されたくないと考えているため、連帯保証人を立てることができればいくらか大家さんを安心させられ、審査の通過率を上げることができます。

連帯保証人は立てたとしても、契約者である自分が家賃を滞納しなければ迷惑がかかることはないため、頼める相手がいるのであれば頼んでおくことがおすすめです。

賃貸の審査に落ちてしまった時の対処方法

賃貸の審査に落ちてしまった時の対処方法

どんなに気を付けて賃貸の入居審査に臨んだとしても、何かしらの理由で通過できないことは十分にあり得ます。その場合は落ち込んだり諦めてしまうのではなく、入居審査になぜ落ちてしまったのか理由を確認し、対処方法を考えていきましょう。

ここからは、賃貸の審査を通過できなかった際に考えられる対処方法を解説していきます。どれか一つを実行するだけでも審査通過の可能性を高めることができるでしょう。

①預金で審査が出来る物件に変更する

預金審査という方法を使えば、収入が不安定であったとしても、家賃を払うために十分な預金がある通帳のコピーを出して審査してもらうことができます。水商売をしている人は収入が不安定であることが多く、一般的には審査に通るのは難しいですが、家賃24ヵ月分以上の預金があれば「家賃の支払い能力がある」として、入居審査を通過することができる可能性があります。

ただ、高級な物件の場合は入居審査が厳しくなっており、預金審査を行うのは厳しい場合もあります。そのため、ある程度家賃がリーズナブルな物件を狙えば、預金審査で審査を通過することも可能です。

もちろん、預金さえあれば審査が通りやすいということではなく、印象も大事になってくるので、前述した身だしなみや話し方にも気を付けましょう。

②賃貸物件や保証会社を変更してみる

たとえば、ある物件の入居審査に通過できなかった場合、条件を変えて再度審査してもらっても通過できる可能性は低いです。そのため、同じ物件に何度もチャレンジするのではなく、入居審査が通りやすい別の賃貸物件を探して審査してもらう方が賢明です。

ただ、注意しなければならないのが「一度入居審査に落ちると、その情報が信用情報機関に5年間残ってしまう」ということです。そのため、信販系の保証会社であればほぼ100%落ちることになってしまい、審査を申し込んでも無駄足に終わってしまいます。

そこで、一度入居審査に落ちてしまった場合は、信販系の保証会社ではなく、独立系の保証会社と取引がある不動産屋を選んで探していきましょう。不動産屋によって取引をしている保証会社は異なってくるので、まずはインターネットなどで検索してみることをおすすめします。

③水商売の入居に特化した不動産屋にする

賃貸の不動産屋はそれぞれ扱っている物件が違っており、一般的な不動産屋であれば水商売の人に紹介できる賃貸物件はあまり扱っていないのが現状です。ただ、繁華街の近くであれば「水商売で働いている人に特化した不動産屋」も多く存在しているため、相談に乗ってもらうことができるでしょう。

こういった不動産屋は、そもそも水商売の人達を支援しようという思いで起業していることが多く、物件探しについて相談すると親身になって対応してくれることが多いです。嫌な思いをすることなく物件探しをすることができるので、こういった水商売の入居に特化した不動産屋も検討していきましょう。

④アリバイ会社を利用して審査する

「入居審査になかなか通過することができない」という場合は、アリバイ会社を利用するという選択肢もあります。アリバイ会社とはどういったものかというと、収入・勤務地・雇用会社などを偽装して、あたかもそこで働いているかのような対応をしてくれる会社を指します。

具体的なサービス内容は「利用者のために偽物の勤務情報を用意する」「在籍確認などを請け負ってくれる」というものがあります。入居審査においては「勤務先情報」が重要な判断材料となりますので、ここをアリバイ会社を利用して証明してもらうことで、審査通過率を上げることができます。

ちなみに、無職の人が賃貸物件の入居審査を受ける場合にもアリバイ会社は有効です。無職の人の審査通過率は10%ほどとされているので、アリバイ会社を利用する価値は十分にあるといえるでしょう。

相談には無料で対応してくれるアリバイ会社もあるので、まずは気軽に問い合わせてみることをおすすめします。

アリバイ会社を利用して賃貸を借りるまでの流れ

アリバイ会社を利用して賃貸を借りるまでの流れ
アリバイ会社を利用して賃貸を借りるまでの流れを紹介します。
詳細な流れは利用する会社ごとに異なりますが、大まかな流れはどこもあまり変わりません。

STEP.1
アリバイ会社へ相談
賃貸審査でアリバイ会社を利用したい場合は、不動産屋に相談するより先にアリバイ会社へ相談する必要があります。間違えないよう注意しましょう。
STEP.2
お部屋探し
アリバイ会社と契約したらお部屋探しとなります。お部屋探しは相談より先に行っても問題ありませんが、不動産屋への問い合わせはアリバイ会社に相談してからにしましょう。
STEP.3
賃貸審査・契約
気になるお部屋が見つかったら不動産屋に問い合わせ審査を受けましょう。審査に通過できたら契約となります。
STEP.4
入居
審査に通過できたら入居となります。審査結果などはアリバイ会社へ報告する必要はありません。

アリバイ会社を利用することは違法行為ではない

アリバイ会社を利用することは違法行為ではない

アリバイ会社を利用することは違法行為ではありません。
何故ならアリバイ会社は存在しない会社の書類を作成するのではなく、実在する会社の書類を作成しているからです。

書類作成やアリバイ対策で利用する会社とは提携を結んでおり、無断で名前だけ使用しているわけではありません。

実在する在籍会社を紹介するため

アリバイ会社の利用が違法ではないのは、実在する会社を紹介するためです。
確かに存在しない会社の書類を作成して使用したり、実在する会社の書類を勝手に作成することは法律に違反しますが、アリバイ会社では全てのアリバイ工作に提携している実在の会社を利用しています。

そのため、一見法律に違反しているように見えるかもしれませんが、実際のところは違法行為にならないのです。

提携している会社はアリバイ会社ごとに異なりますが、大手のアリバイ会社ともなれば上場企業とも提携を行っています。

もしもアリバイ会社の利用に不安が残るのであれば、上場企業や一流企業と提携を行っているアリバイ会社を利用すると良いでしょう。

入居審査に必要な書類はプロのスタッフが作成

アリバイ会社では、書類作成は全てプロのスタッフが行っています。
そのため素人が作ったような素人臭さは一切なく、審査時にバレづらい書類を提供してもらうことが可能です。

人によっては自分で書類を作成しようと考える方もいるかと思います。
しかし、素人が即席で作った会社は一目でバレてしまいます。

その上勝手に実在する会社の書類を作成することは犯罪のため最悪の場合警察沙汰に発展する可能性があります。

自分で間に合わせの書類を作って対処するよりも、プロであるアリバイ会社に依頼して書類を作成してもらうことがおすすめです。

日本アリバイ協会では、書類作成の相談を無料で受け付けています。
利用を迷っている方は無料の相談だけでも受けてみてください。

利用者が多く社会的な立場によっては必要なサービスである

アリバイ会社の利用者の多くは、アリバイ会社がなければどうしようもない立場に置かれている方です。
例えば、下記のような立場の方が利用しています。

アリバイ会社の利用者層

  • 無職や水商売、個人事業主、フリーター、フリーランスなど職業のせいで賃貸契約ができない、好きなお部屋を選べない方
  • 貯金を切り崩して専業主婦をしているため、働きに出たいのに無職なせいで子供を保育園に預けられない方
  • 親に心配をかけたくないため、水商売で働いていることをバレたくない方

一見すると怪しいサービスに見えるかもしれませんが、実際に利用しているのは誰にも頼れない方や自力で対処しようがない立場に置かれている方がほとんどです。

水商売の人が賃貸を借りるためのポイント

水商売の人が賃貸を借りるためのポイント

水商売の人が賃貸を借りるためのポイントを紹介します。
お部屋の相談に行く際は、下記の6つのポイントに注意しましょう。

下記からは、それぞれのポイントについて詳しく紹介していきます。

不動産屋に昼の仕事を探していると伝える

水商売の人が賃貸を借りるポイント1つ目は、「不動産屋に昼の仕事を探していると伝える」です。
水商売をしていることは決して悪いことではありませんが、やはり社会的信用が低いことなどの理由から不動産会社の方にお部屋を貸し渋られるケースが非常に多いです。

そのため、相談に行く際は本当は探していなくても良いので昼の仕事を探していると伝えることがおすすめです。

夜の仕事は一時しのぎで本当は昼に働きたいということにしておいた方が相手に良い印象を与えることができます。

住んだ後で実際に仕事を変えるかどうかは本人の自由のため、仮に昼の仕事を探している最中と話していたとしても夜の仕事を続けることで退去させられることはありません。

繁華街にある不動産屋に相談してみる

水商売の人が賃貸を借りるポイント2つ目は、「繁華街にある不動産屋に相談してみる」です。
水商売の方はできる限り繁華街にある不動産屋に相談に行くことがおすすめです。

何故かというと、繁華街エリアに建っている不動産屋は周辺の繁華街にある物件に強いことが多く、繁華街の物件は水商売の方でもOKなケースが非常に多いからです。

繁華街エリアに絞って家探しをすれば比較的早く住めるお家が見つかるため抵抗がない方はぜひ検討してみてください。

なお、繫華街エリアは自分の職場があるエリアだけでなく、新宿などの都市部の繁華街エリアであっても同様に水商売の人でも借りやすい物件が多いです。

職場近くにお部屋を借りて職場の人とプライベートで鉢合わせたくないという場合は、都市部の繫華街エリアでお部屋を探してみることがおすすめです。

お金を貯めて預貯金審査に備える

水商売の人が賃貸を借りるポイント3つ目は、「お金を貯めて預貯金審査に備える」です。
水商売のように会社に属さずに個人事業主として働いている方は、月々の収入に波がある事から収入での審査ではなく預貯金審査を受けるように勧められるケースがあります。

預貯金審査とは、名前の通り貯金残高で賃貸審査を受ける審査方法のことで家賃に対して十分な貯金があるかどうかがチェックされます。

預貯金審査を受ける際に必要になってくる貯金額は、下記の通りです。

預貯金審査時の貯金残高の目安

  • 家賃4万円の場合 貯金残高96万円
  • 家賃5万円の場合 貯金残高120万円
  • 家賃6万円の場合 貯金残高144万円
  • 家賃7万円の場合 貯金残高168万円

必要書類は漏れなく速やかに準備する

水商売の人が賃貸を借りるポイント4つ目は、「必要書類は漏れなく速やかに準備する」です。
審査の際には様々な書類を提出する必要がありますが、必要書類はできる限り早い段階から準備をしておくことがおすすめです。

何故かというと、必要書類に記入漏れやミスがあったとしても、提出してしまった後の場合は基本的に修正がきかないからです。

そのため、直前になって慌てて準備をはじめてミスのある書類を提出してしまった場合、それが原因で審査に落ちたとしても再審査は受けることができません。

必要書類は引っ越しを決めた段階でなるべく早くから用意を始めるようにしましょう。

審査を受ける際に必要になる書類

  • 本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証など)
  • 住民票
  • 所得証明書

電話やメールには必ず対応する

水商売の人が賃貸を借りるポイント5つ目は、「電話やメールには必ず対応する」です。
入居申込書を提出すると、家賃保証会社から提出した電話番号やメールアドレス宛に連絡が来ます。

電話やメールでは、提出した番号や情報に間違いがないかを確認されるだけのため、来た際は必ず対応するようにしましょう。

確認目的で電話やメールが送られてきているだけのため、受け答えの内容で審査結果が変わることは基本的にありません。

しかし、電話やメールが届いているにも関わらず無視を続けると審査に落ちる可能性も考えられるので注意してください。

なお、確認の電話は自分だけでなく緊急連絡先として登録した相手にも届く可能性があります。

物件の条件は最低限にして家賃を抑える

水商売の人が賃貸を借りるポイント6つ目は、「物件の条件は最低限にして家賃を抑える」です。
水商売で働いている状態でお部屋探しをする場合は、そもそも審査を受けることができる物件自体が少ないため、極力物件に求める条件を減らして家賃を抑えることがおすすめです。

水商売をしている場合、人によっては昼職で働いているOLなどよりも稼ぎが多いケースもあるかと思いますが、家賃が高い物件は基本的に審査も厳しくなるため審査を受ける前の段階で断られてしまう確率が上がります。

水商売で働いている人に限らず、たくさんお部屋に対して条件を付けてしまうと希望の物件がみつからないという事態に陥りやすいため、まずはこれだけは絶対に譲れないという最低条件だけでお部屋を探してみるようにしましょう。

水商売の職種別に賃貸審査の難易度を解説

水商売の職種別に賃貸審査の難易度を解説

一言で水商売と言っても、水商売にはホストやキャバクラ・スナック勤務など細かく分けると複数種類の職業があるかと思います。

そこでここでは、水商売の職業別の賃貸審査の難易度を解説します。

同じ水商売という枠の仕事であっても、職業ごとに審査難易度には違いがあるので注意が必要です。
水商売に就いていてお部屋を探しているという方は、ぜひ参考にしてください。

キャバクラ・スナック|難易度:低

キャバクラやスナック、ガールズバーに勤務している水商売の方は、水商売に就いている方の中でも賃貸契約難易度が低いと言われています。

なぜキャバクラ・スナック勤務の水商売の方は契約難易度が低いと言われているのかというと、水商売の中でもきちんと届け出などを出して営業しているケースが多く、在籍確認などが行いやすい傾向があるからです。

もちろん、全体の傾向として難易度が低いだけであって、違法なお店などで働いており在籍確認や収入証明を提出できない場合はその限りではありません。

まともなお店で働いており、在籍確認や収入証明が問題なくクリアできる場合は、お部屋探しは難しくないためそこまで不安を感じる必要はありません。

風俗業|難易度:中

風俗業に勤務している水商売の方は、水商売に就いている方の中でも中程度の賃貸契約難易度と言われています。

風俗業の難易度が中程度と言われているのには、キャバクラ・スナック勤務の方同様にお店がきちんと届け出を出して営業しており、在籍確認などが行いやすいケースが多いことが理由にあります。

キャバクラやスナックほどではありませんが、風俗業であってもまともなお店で働いていれば、お部屋探しはそこまで難しくありません。

また、働いているお店を運営している会社が、風俗業以外の事業も展開している場合には、より審査難易度が下がりスムーズにお部屋が契約できるようになる傾向があります。

収入証明を提出できないような違法なお店で働いている場合は、賃貸の審査に通過することが難しいため、引っ越しを機に仕事を変えることもおすすめです。

ホスト|難易度:高

ホストとして勤務している水商売の方は、水商売に就いている方の中でもかなり賃貸契約難易度が高いと言われています。

ホストとして働いている場合、見た目などからも他の職業を偽ることは難しいと思いますが、聞かれない限りは自分からホストだと言ってしまわないことがおすすめです。

ホストの人が他の水商売に就いている方に比べて、審査難易度が高いのには過去の統計から夜逃げをする確率が非常に高いことが理由にあり、どこの不動産会社でもかなり嫌がられる職業として有名です。

自分が夜逃げをするつもりが無くても、過去の傾向から夜逃げを心配される可能性が高いため、お部屋の相談の際には定期収入だけでなく貯金があることなどをアピールしておくと良いかもしれません。

水商売と賃貸審査についてよくある質問

水商売と賃貸審査についてよくある質問

最後に水商売と賃貸審査についてよくある質問をまとめて紹介します。
今回紹介するのは、下記の4つの質問です。

賃貸審査に落ちてしまう主な理由はなんですか?

審査に落ちる主な理由としては、下記のような理由があります。

審査に落ちる主な理由

  • 収入に対して家賃が高すぎる
  • 職業に問題があると判断された
  • 雇用形態に問題があると判断された(非正規雇用など)
  • 過去に家賃やクレジットカードの滞納歴がある
  • 人柄や態度から問題がある人物だと判断された
  • 友人・恋人とのルームシェアをする予定だった

上記のように賃貸審査に落ちてしまうのには様々な理由があるため、状況がわからない限り何が原因で落ちてしまったのかはわかりません。

しかし、審査に落ちてしまったとしても審査に落とされた理由は教えてもらうことができないため、自分で原因を考える必要があります。

大抵の方は、上記で紹介した6つの理由のどれかに当てはまるため、落ちてしまった場合は冷静になって考えてみましょう。

会社によっては特別審査が厳しいケースもあるため、落ちた理由がわからない場合は落ち込まずに次のお部屋を探すことがおすすめです。

審査に落とされる方の割合は高くはありませんが、水商売や個人事業主のような仕事についている場合は珍しいことでもありません。

水商売をやっていると賃貸を借りれないのはなぜですか?

水商売の人が一般的なサラリーマンやOLとして働いている方に比べて賃貸が借りにくいと言われているのには、下記のような理由があります。

水商売の人が賃貸を借りにくい理由

  • 職業柄収入が安定しないから
  • ストーカーなどのトラブルが起こりやすいから
  • 生活リズムが昼間に働いている方と違い騒音トラブルに発展しやすいから

水商売の人が一般職の方と比べて賃貸が借りにくいのには、上記のような事情があり決して職業で差別をされているわけではありません。

あまり多くはありませんが不動産会社や大家さんによっては水商売の方に理解があり、水商売の人でも一般職のサラリーマンと同様にお部屋を貸してもらえる物件もあります。

スムーズにお部屋を借りたい場合は、繫華街エリアの不動産会社や物件を中心にお部屋探しをしてみましょう。

賃貸審査時に収入証明がない場合は?

賃貸契約時には、収入があり家賃を支払っていけることの証明として収入証明の提出を求められますが、人によっては収入証明が可能な書類を持っていないケースもあるかと思います。

事情があり、収入証明を持っていない場合の対処法としては、通帳のコピーを提出したり市役所から課税証明書を発行してもらったりするなどの方法があります。

また、学生の場合には収入がないことの方が多いため、連帯保証人となる両親の収入証明書でもOKなケースがあります。

お部屋を借りようと考えている段階で収入を証明できるような書類がなかったとしても、市役所に新規で発行してもらったり通帳のコピーを提出したりする対処法があるので焦る必要はありません。

水商売ですが賃貸探しのポイントはありますか?

水商売の人が賃貸探しをする際のポイントは、下記のとおりです。

水商売の賃貸探しのポイント

  • 審査なしと宣伝しているお部屋に注意する
  • お店のスタッフやお客さんが契約した物件を借りない
  • 水商売専門の不動産会社を利用する
  • 繫華街エリアにあるお部屋を中心に探す

水商売の方は審査難易度が高いことから審査なしと宣伝しているお部屋を借りたがる方が多いですが、審査なしのお部屋はおすすめできません。

なぜかというと、審査なしのお部屋は大抵何かしらの事情があるケースが大半だからです。
水商売であっても、探せば借りられるお部屋はあるため、審査なしのお部屋のように悪条件なお部屋はできる限り避けるようにしましょう。

賃貸審査で借金がバレる可能性はありますか?

賃貸審査では、住宅ローン以外の借金はバレません。
なぜならそもそも審査では借金の有無を調査しないからです。

これは賃貸を貸す際に、借金の有無よりも契約者に支払い能力があるのかを重視しているためです。
仮に借金があってもバレることはなく、また住宅ローンを組んでいたとしても借りられるので安心してください。

審査では調査されませんが、わざわざ自分から借金があるなどとマイナス要素を話すことはおすすめできません。

アリバイ会社を使えば夜職でも賃貸審査に通りますか?

夜職のまま審査を受けると通過は高難易度ですが、アリバイ会社を使えば簡単に審査に通過できます。
なぜならアリバイ会社を利用すれば夜職の方であっても昼職として審査が受けられるからです。

夜職しかしておらず賃貸審査が不安な場合はアリバイ会社の利用も検討してみましょう。
アリバイ会社の利用には、夜職をしており賃貸が契約できない方が多い傾向があります。

【まとめ】水商売は賃貸を借りられないのはなぜ?借りるための方法も紹介!

【まとめ】水商売は賃貸を借りられないのはなぜ?借りるための方法も紹介!

ここまで、水商売の人が賃貸をなかなか借りることができない理由と、入居審査を通過して物件を借りる方法について解説してきました。入居審査に通るか否かは保証会社によっても基準が異なっているため、運の要素もある程度入ってきます。

そして、確かに一般の人と比べて水商売の人は賃貸物件を借りることは難しいです。ただ、何も手がないわけではなく、前述のように様々な手段・方法があるので、諦めずにチャレンジしていきましょう。

 

【首都圏への引っ越し限定】不動産乗り換えキャンペーン詳細

6月30日までの期間限定!
不動産乗り換えキャンペーン実施中。
仲介会社の乗り換えで、アリバイ料金が半額に!キャンペーンをご希望の方は、お申し込み時に
「不動産乗り換えキャンペーン希望」とスタッフまでお伝えください。 不動産乗り換えキャンペーン 不動産乗り換えキャンペーンを申し込む