フリーターは保証人なしで賃貸を借りれる?

あなたは賃貸を借りる時に、

利用者Mさん利用者Mさん

フリーターで賃貸を借りたいと考えているものの保証人がいない!審査って通るの?

と悩んだことはありませんか?

保証人がいない場合、賃貸の審査が通るか不安ですよね。
結論としては、フリーターの賃貸審査は厳しいですが、通る方法はあります!

そこでこの記事では「フリーターが保証人なしで賃貸を借りるためのコツ」について解説しています。

さらに、「フリーターが保証人なしで賃貸を借りるための注意点」についても解説していますので、
「フリーターが保証人なしで賃貸を借りるためのコツ」について分からないことはなくなるはずです。

それでは早速見ていきましょう!

フリーターが保証人なしで賃貸を借りる方法

フリーターが保証人なしで賃貸を借りる方法

フリーターが保証人なしで賃貸を借りる方法は2つあります。

保証人なしで賃貸を借りる方法

  1. 連帯保証人が不要の物件を選ぶ
  2. 保証会社を利用する

連帯保証人が不要の物件を選ぶ

どうしても連帯保証人がいない場合は、保証人不要の物件の中から選ぶこともできます。連帯保証人不要、保証会社不要の物件と聞くと何かしら理由があるのではないかと考えてしまいがちですが、UR賃貸であればおしゃれなリノベーション物件なども保証人なしで利用できます。

なぜならUR賃貸は「都市再生機構」という独立行政法人が運営しているからです。ただし国が運営する公共住宅のため、トラブル防止のため入居条件が厳しく設定されています。

例えば基準月額以上の月収がある、もしくは貯蓄額が家賃額の100倍あるといった条件があります。低所得者向けの物件と勘違いされやすいですが、実は家賃も相場よりも高いため注意が必要です。

しかし保証人不要に加えて礼金、更新料、仲介手数料が無料で初期費用が抑えられるのは魅力。収入や貯蓄の条件を満たすのであれば、UR賃貸から物件を探してみましょう。

保証会社を利用する

保証人がいない場合は、保証会社を利用する方法があります。保証会社とは手数料を払うことで連帯保証人の代わりを担ってくれる会社のことです。

むしろ近年では保証会社が保証人の代わりを担う物件が多くなっています。高齢単身者の増加で保証人を立てられないケースが増えたことなどを背景に、2020年の統計では全国8割以上の物件で保証会社の利用が義務付けられています。(不動産経済オンラインより)

ただし保証会社を利用するには審査が必要です。チェックするポイントは職種、勤続年数、雇用形態、年齢、収入など。フリーターで保証会社の審査に通りやすいかどうかの基準は保証会社ごとに異なります。不動産会社に直接相談してみましょう。

保証人なしで借りる場合の注意点

保証人なしで借りる場合の注意点

保証人なしで物件を借りる場合、注意点が4つあります。

保証人なしで借りるときの注意点

  1. 物件に問題があることも
  2. 保証料・更新料がかかる
  3. 保証会社を選べないケースが多い
  4. 家賃滞納時の催促が厳しい

物件に問題があることも

UR賃貸ではなく保証人も保証会社もいらない物件は、「誰でもいいから早く借りてほしい」という訳あり物件の可能性が高いです。例えば築年数が古い、アクセスが悪い、事故物件である、取り壊しが決まっている、などです。

物件に問題はないかどうか、事前にしっかりチェックしてから契約しましょう。

保証料・更新料がかかる

保証人を使わない代わりに保証会社を利用する場合、手数料が発生します。初回保証料と更新保証料(もしくは月額保証料)です。

初回保証料は家賃の50~100%が相場です。家賃5万円であれば、2万5,000円~5万円がかかります。入居後にかかる更新保証料としては毎年1万円ほどかかるのが相場です。

また毎年かかる更新保証料の代わりに月額で保証料を支払う場合もあります。月額保証料は家賃の1~2%程度に設定されています。

保証会社ごとに金額は異なります。初回保証料だけでなく、更新料は月額なのか年ごとなのかなど、よく確認しておきましょう。

保証会社を選べないケースが多い

保証会社は不動産会社や管理会社ごとに指定されています。保証会社はほとんどの場合、代理店を経由しなければ利用できないため、不動産会社や管理会社によって利用できる保証会社は異なります。

一般的に独立系保証会社は審査が通りやすく、信販系保証会社は通りにくいと言われていますが、不動産会社がその保証会社を取り扱っているとは限りません。借りたい物件がある場合は、不動産会社にどの保証会社の仲介をしているか確認しておきましょう。

家賃滞納時の催促が厳しい

家賃を滞納した場合、信用会社が大家さんに代わりに家賃相当額を支払うことになりますが、数日で返済するよう連絡が来ます。この時にいつまでに支払うかすぐに伝えれば問題ありません。しかし怖いからといって連絡を無視していると、滞納から1ヶ月ほどで訪問催促につながることも。

訪問催促が行われるということは、法的措置を取られる可能性があるということ。契約解除や強制退去に発展するかもしれません。

家賃を滞納した場合はすぐに支払うようにしましょう。家賃を滞納すると信用会社の信用情報にも傷がつき、その後の契約にも悪影響が出るので注意が必要です。

アリバイ会社を利用するという選択肢も

アリバイ会社を利用するという選択肢も

フリーターで収入面や勤続年数の審査に不安がある場合は、在籍会社と呼ばれるアリバイ会社を利用する方法があります。アリバイ会社とは勤務先を明記するのが難しい人を対象に、在籍会社を紹介する会社のこと。

不動産会社からアリバイ会社を紹介する場合もあります。アリバイ会社のサービス内容は源泉徴収票や在籍証明書の発行、在籍確認の電話対応など。

過去の審査通過率データはもちろん、人それぞれイメージに合った勤務先や勤務先住所に不都合はないかなど様々な観点から対策はバレにくくなっており、利用者も多くなっています。実際に利用している人は、ナイトワーク、個人事業主、フリーターなどが多いです。

しかし業者の中には存在しない架空の会社を利用する悪徳なものも。一方で実績あるアリバイ会社は帝国データバンクなどのデータベースに登録されている企業に協力を得ている場合も多く、審査に強くなっています。

しっかりと選べば賃貸審査の心強い味方となってくれるでしょう。

フリーターは保証人なしで賃貸を借りられる?まとめ

フリーターは保証人なしで賃貸を借りられる?まとめ

今回は「フリーターが保証人なしで賃貸を借りるためのコツ」について解説してきました。

本記事をまとめると、

  • 保証人不要な物件ならUR賃貸を選ぼう
  • 保証人がいなくても保証会社を利用すれば賃貸は借りられる
  • 保証会社を利用するときは費用もしっかりチェック

「フリーターが保証人なしで賃貸を借りるためのコツ」について理解するための、本記事がお役に立っていれば幸いです。