あなたは不動産会社で物件選びをしている時や賃貸契約の審査の際に、こんな悩みを抱えたことはありませんか?

K子さんK子さん

シングルマザーでパートをしているんだけど、賃貸の審査に通るか心配・・・

S咲さんS咲さん

シングルマザーというだけで、賃貸の契約を断られました。もう家を借りることは諦めたほうが良いのでしょうか?

そんなあなたの悩みを解決するべく、当記事では「シングルマザーが賃貸契約をする際に審査に通りやすくするポイント」を紹介していきます。シングルマザーでもポイントをしっかり押さえれば、賃貸物件を借りることは出来ますので、ご安心ください。それでは詳しく解説していきます。

以下の記事では賃貸契約の入居審査に関することをまとめています。入居審査に通る人と落ちる人と違いや、「入居審査で必要な書類・入居審査に掛かる期間」も紹介していますので
賃貸物件の入居審査で分からないことがある方は、併せてご覧ください。

賃貸契約の入居審査で落ちる理由は?審査に落ちる人と通る人の特徴を徹底解説!賃貸契約の入居審査で落ちる理由は?審査に落ちる人と通る人の特徴を徹底解説!

最終更新日:

シングルマザーが賃貸の入居審査でチェックされるポイント

シングルマザーが賃貸の入居審査でチェックされるポイント

シングルマザーの方は「収入が不安定で、小さい子供がいる」などの理由があり、なかなか賃貸申込に踏み切れない方もいるのではないでしょうか?
当記事では、シングルマザーの方が賃貸契約を成約させるにはどのように行動すべきかに焦点をおいて、お役に立てるような情報をまとめています。

アパートなどの賃貸を契約する際には、契約の前に入居審査が必要となります。入居審査の目的は、家賃の支払い能力があるかどうか、また近隣とトラブルを起こさないかどうかのチェックです。
入居審査は、契約前の最大の関門と言えるでしょう。シングルマザーの場合、入居審査のポイントは、職業や年収,連帯保証人はいるか,子供の年齢の3点となります。以下からは、この3点に注目して、詳しく紹介していきます。

シングルマザーの入居審査チェックポイント

  1. 職業や年収
  2. 連帯保証人はいるか
  3. 子供の年齢

ポイント①職業や年収

公務員や大企業の社員など安定した年収が見込める職業の方は、入居審査が通りやすいですし、
家賃の支払いにも不安は無いかもしれません。

しかし、年収が不安定な職業の方は「年収が少ないので家賃を納めながら生活ができるか不安だ」と考えて、賃貸の申し込みをためらっている方が多いのではないでしょうか?

ただし、年収が少ないという方でも、それに見合った家賃の賃貸であれば、入居審査が通るかもしれません。毎月の家賃は、月給の30%以下に抑えないと生活が厳しくなると言われています。
月給が約20万円であれば、家賃が6万円以下の物件を探して契約すれば、生活が厳しくなることはまず無いでしょう。

ポイント②連帯保証人はいるか

何らかの事情により借主が家賃を払えなくなったときに、家賃を支払う義務を負うのが連帯保証人です。なかには連帯保証人のいらない賃貸もあるようですが、一般的には連帯保証人が必要となることが多いようです。

連帯保証人は、基本的に親や兄弟などで支払い能力のある人に頼むことになります。
しかし、シングルマザーのなかには、親が高齢で支払い能力が無い、兄弟がいない、頼れる親戚もいないなど、厳しい状況の方もいるかもしれません。

そんなときは、連帯保証人のいらない賃貸を探すか、または家賃債務保証会社を利用するという方法があります。

家賃債務保証会社とは、高齢化社会で親に連帯保証人を頼めないなど、連帯保証人を立てるのが難しいというケースが増えてきたために、連帯保証人の代わりになるような仕組みを作ろうという考えで生まれたものです。家賃債務保証会社を利用することによって、連帯保証人がいなくても賃貸契約ができる可能性が大きくなります。

ポイント③子供の年齢

シングルマザーで特に小さい子供がいる方は、賃貸申込が難しいと考えている方が多いのではないでしょうか?子供と一緒に住むことになると、子供の夜泣きの声で近隣の人に迷惑になる、部屋で遊んで壁や床が損傷してしまう、部屋で走り回る足音が下の階の住民に迷惑になるといった問題が考えられます。

賃貸の大家さんや近隣の住民次第では、小さい子供がいても受け入れてくれるところはあるようです。ただし、自分には小さい子供がいるのに、他の世帯では小さい子供が一人もいないような状況であれば、その物件には住みにくいはずです。

ですから、あらかじめ担当の不動産会社の方に、子供と一緒に住みたい旨を話して、住みやすそうな物件を紹介してもらうようにすると良いでしょう。

シングルマザーが賃貸の入居審査で用意するもの

入居審査では、家賃の支払い能力や人柄などがチェックされます。そのために必要な書類がいくつかあります。まず、最低限必要となるものは次の通りです。

入居審査で必要な情報と書類

  • 契約者の住所・氏名・連絡先・勤務先・同居人(続柄)
  • 連帯保証人の住所・氏名・連絡先・勤務先
  • 契約者の身分証明書(運転免許証や健康保険証)
  • 契約者の住民票

シングルマザーのなかには、収入の不安定な方もいるかもしれません。収入が不安定な場合は、契約者の納税証明書または収入証明書や、契約者の貯蓄証明として通帳コピーなどを求められることもあります。このような場合でも、連帯保証人の支払い能力があると判断されれば、入居審査は通ることが多いようです。

それから、大家さんや不動産屋は近隣とトラブルを起こされると対応に困ってしまいます。ですから、契約申込者の言動や身なりをチェックして、近隣とトラブルを起こさずに住み続けられるかどうかを見極めているようです。

賃貸を契約する際にかかる初期費用の相場

賃貸を契約する際にかかる初期費用の相場

賃貸を契約する際には、初期費用として敷金・礼金・仲介手数料など、様々な費用がかかりますので、まとまった資金が必要となります。

賃貸契約の初期費用の相場

  • 敷金:家賃1か月分
  • 礼金:家賃1か月分
  • 前家賃:入居する月の1か月分を前払い
  • 仲介手数料:家賃0.5か月分~1か月分
  • 火災保険料:1.5万円~2万円

以上を合計すると、およそ家賃4か月分~5か月分となります。

その他引っ越しでかかる費用

  • 引っ越し費用:距離や荷物の量によって大きく異なる(5万円~30万円程度)
  • 保証料:家賃0.5か月分程度(連帯保証人がいれば不要)

この他にも、家電が無ければ買いそろえるための費用も必要です。

賃貸契約の初期費用を抑えるコツ

賃貸契約の初期費用を抑えるコツ

賃貸契約では多くの初期費用が必要となりますが、実はポイントを抑えれば初期費用を抑えることもできます。
ここでは初期費用を出来るだけ安く抑えて、お得に引っ越しする方法を紹介していきます。

初期費用でまとまったお金を払う前に、一読してみてください。

コツ①大家さんに交渉する

貸主である大家さんへの直接交渉をすると、初期費用が抑えられることがあります。直接交渉では、「この物件に契約更新までの間は必ず住み続けるので、礼金か家賃を減額してもらえないでしょうか?」と伝えてみると良いでしょう。もし、家賃が5千円下がれば、年間で6万円の減額になりますし、住む期間が長ければ長いほどお得になります。

コツ②分割払いができるか確認する

初期費用でまとまったお金を支払ってしまうと、そのあと金銭的に余裕が無くなってしまうこともあるかもしれません。そんなときは、分割払いができるか確認してみましょう。不動産屋によっては、カードで分割払いができるところもありますので、初期費用の分割払いができるかどうかを確認してみましょう。もしも、カードで分割払いが可能であれば、ポイントがたまってお得な面もあります。

コツ③家具や家電付きの物件を選ぶ

住む期間が短くなりそうであれば、家具や家電付きの物件を選ぶことで初期の費用も抑えられますし、次の物件への引っ越しが楽になるというメリットもあります。ただし、住む期間が長くなりそうでしたら、気に入った家具や家電をそろえて暮らすようにした方が良いでしょう。

シングルマザーなら利用したい!住宅補助制度をご紹介

シングルマザーなら利用したい!住宅補助制度をご紹介

シングルマザーなど、ひとり親の家庭に支給される手当や貸付の公的制度があります。このたびは、住宅補助制度のなかで、住宅手当,引っ越し費用補助の2点に絞って解説します。その他の制度もありますので、詳しくは居住地の役所の福祉課までお問合せしてみましょう。

1.住宅手当

住宅手当は、家賃補助や住宅費助成制度などと言われることもあります。住宅手当が受けられる条件や金額は、都道府県や市町村によって大きく異なりますので、まずは居住地の役所に問合せてみましょう。一般的に、住宅手当が受けられる条件は家賃が6万円以下となっており、支給額は1か月5千円~1万円となっているようです。
それから、市町村によっては、住宅手当の支給ではなく、家賃の安い市営住宅への入居斡旋などで支援しているところもあるようです。

2.引っ越し費用補助

引っ越しの際は、まとまったお金が必要になります。引っ越しの助成制度としては、母子寡婦福祉貸付という制度があります。母子寡婦福祉貸付は、引っ越しの際に最大26万円まで借りられる制度です。保証人がいれば無利子で借りることができます。
ただし、貸付には書類審査があるので、少し時間がかかります。利用する際は、少し余裕をもって早めに申し込むようにしましょう。

シングルマザーにおすすめ!「UR賃貸」について

シングルマザーにおすすめ!「UR賃貸」について

UR賃貸とは、独立行政法人が運営管理する公的な賃貸物件のことをいいます。UR賃貸は、契約時の諸費用をかなりリーズナブルに抑えることができます。ですから、シングルマザーの家庭などにとって経済的に大きなメリットがあるといえます。

さて、シングルマザーの家庭には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、UR賃貸の入居審査で利用できる制度や様々な割引制度について、解説しますのでぜひ最後までご覧ください。

UR賃貸の入居審査で利用できる制度

収入の不安定なシングルマザーにとって、入居審査は最大の関門となるはずです。その入居審査で利用できる制度をうまく活用することで、入居審査がクリアできるかもしれません。このたびは、その制度を2つご紹介していきます。

家賃補助制度

収入が少なく家賃の支払いが困難なときは、三親等以内の親族に家賃の一部を補助してもらうことによって入居審査を受けることができます。その際は、親族に家賃補給証明書を書いてもらうことになります。

一時払い制度

家賃をある程度の期間分、まとめて前払いすることにより入居審査を通す制度です。たとえば、離婚で慰謝料を得た人であれば、そのお金を一時払いに使うことによって入居審査を通すことが可能になります。

UR賃貸では様々な割引を受けることが出来る!

シングルマザーの家庭にとって、大きなメリットがあるUR賃貸。最後に、シングルマザーの家庭が優遇されるUR賃貸の各種割引制度を解説します。どれも「シングルマザーに安心して暮らしてもらいたい」という気持ちが込められた優遇制度といえます。UR賃貸に、お得に住み続けるためにもぜひ覚えておきましょう。

子育て割

子供の年齢が満18歳に達するまでの間、最大6年間は家賃が20%割引されるという制度です。世帯収入が毎月25.9万円以下という条件付きですが、該当する方は多いのではないでしょうか。もし、6年間つまり72ヶ月間20%割引されれば、家賃が6万円の場合は合計86.4万円もお得になります。

そのママ割

そのママ割も子育て割と同様にとてもお得な制度ですが、対象となるエリアが東京,神奈川,千葉,埼玉,茨城だけと限定されています。該当の地域にお住まいでしたら、最大3年間は家賃が20%割引となります。

U35割

賃貸契約の申込者が、35歳以下の場合に適用される割引制度です。こちらも、3年間は家賃が20%割引となる制度です。ただし、同居人も35歳以下であることが条件なので、自分の親も同居するというときは対象外となってしまいます。

近居割

自分が住むUR賃貸と両親の住所が近ければ、家賃が5%割引になる制度です。この制度の特徴は、自分の家賃だけではなく両親が住む賃貸の家賃も割引の対象になるというところです。両親は、UR賃貸ではなく民間の賃貸に住んでいる場合も適用されるので、とてもありがたい制度といえます。