定職に就いていたけれども肌に合わなかった、または新しい事に挑戦したい、などの理由で退職してしまった方もいることでしょう。なかには、新しい仕事を探す前に転居したいと考えている方もいるのではないでしょうか?

一般的には、無職だと賃貸契約は難しいと言われています。しかし、無職であっても賃貸契約に成功している方がいるのも事実です。

このたびは、無職でも賃貸契約が可能な方法を詳しく紹介していきます。ぜひ、自分に合った方法を見つけて、賃貸契約を成功させましょう。

目次

アリバイ会社スタッフアリバイ会社スタッフ

以下の記事では、無職でも賃貸契約の審査に通過する方法7つと、無職の方が入居審査でチェックされるポイントをまとめています。無職の方で、現在物件選びをしているという方は、賃貸契約に進む前に一度ご確認ください。

無職でも賃貸契約は出来る?入居審査に通るコツを徹底解説無職でも賃貸契約は出来る?入居審査に通るコツを徹底解説

最終更新日:

無職でも賃貸契約はできる!

無職の人が賃貸契約を成功させる方法は、親名義での代理契約や預貯金審査など、さまざまなケースがあります。しかし、大家さんや管理会社によっては、収入の無い人には貸したくないと考えている方がいるのも事実です。不動産屋で現在無職であることを正直に話して相談すれば、無職でも貸してくれそうな大家さんや管理会社の物件を紹介してくれるかもしれません。

この記事では、次の2点について詳しく解説してまいります。

この記事の2大ポイント

  • 無職でも賃貸契約が可能になる方法
  • 無職でも入居審査に通りやすい物件の特徴

まずは、賃貸契約では最大の難関ともいえる『入居審査』のポイントをおさらいしてみましょう。

入居審査の際にチェックされるポイントをおさらい

大家さんは、家賃を滞りなく支払ってくれて、近隣住民とのトラブルを起こさない人に物件を貸したいと考えています。そのため、賃貸契約の前に『入居審査』が行われて、物件を貸すのにふさわしい人物かどうかを見極められるのです。

この『入居審査』に落ちてしまうと、賃貸契約が出来ないのはもちろんのこと、さらに『入居審査』に落ちたという傷がついてしまい、他の物件を契約するときも不利になってしまいます。

『入居審査』を無事に通過するためにも、そのポイントをおさらいしましょう。このたびは、特に大事な3点をご紹介します。

①家賃の支払い能力

大家さんが最も気にするところは、「この人は家賃をしっかり払い続けてくれるだろうか。」ということです。ですから『入居審査』では、家賃の支払い能力があるかどうかをチェックされることになります。

定職に就いている人であれば、家賃が月収に見合っているかどうかチェックされます。一般的には、家賃が月収の30%を超えていると、支払いが厳しくなる可能性が高いと言われており、そこがクリアできているかが見られることになります。

フリーターで収入が不安定な人や無職で収入の無い人は、家賃を長期間支払えるような預貯金があるかどうかが見られることもあり得ます。一般的に、賃貸契約期間は2年更新なので、家賃を2年間支払えるだけの預貯金があれば、入居審査に通る可能性があります。ただし、大家さんによっては「収入の無い人に物件を貸したくはない。」という方がいるのも事実です。大家さんがどのように考えているのかは、不動産屋に相談してみると良いでしょう。

②入居者の人柄

大家さんは、居住者達が快適に暮らしてくれることを望んでいます。ですから「この人は、問題を起こしそうな人だ。」と思えば、物件を貸したくなくなるはずです。人柄をどれだけ重要視するかは、大家さんによって異なるでしょうが、大家さんに認められない人は、入居審査に落とされてしまう可能性が高いといえるでしょう。

ただ、物件契約の際、借主は大家さんと顔を合わせることは無い場合が多いようです。しかし、借主と接する不動産屋は、大家さんと情報を共有していますから、印象が良くないなどの情報は大家さんへ伝わってしまいます。ですから、直接相談に乗ってくれる不動産屋の前では、身なりや言葉遣いに気を付けて、与える印象を良くすることを心掛けましょう。

③保証人の有無

連帯保証人は、賃貸契約について、借主と同等の責務を負うことになります。ですから、借主が家賃を滞納すれば、連帯保証人が支払わなくてはなりません。

借主が安定した職業で、家賃支払いが十分可能であっても、今後何が起きるか分かりません。もしかしたら、会社が倒産したり、会社から解雇されたりして、一時的に家賃の支払いが困難になることも考えられます。そんな事態に備えるために、連帯保証人を立てることになるわけです。

したがって、連帯保証人の家賃支払い能力もチェックされますから、十分に対応できそうな人を立てる必要があるといえます。例えば、親が年金収入のみで生活に余裕が無い場合は、兄弟で収入の安定している人を保証人に立てている方もいるようです。

無職での賃貸契約方法

一般的に、無職での賃貸契約は厳しいと言われていますが、前述の通り“親名義の代理契約”や“預貯金審査”などの方法をとれば、賃貸契約が可能になることがあります。実は、この2つ以外にも賃貸契約が可能となる方法が存在するのです。

このたびは、無職での賃貸契約の方法を6点まとめてみました。この6点のなかで、自分に合った方法が見つかるかもしれません。どうぞ最後までご覧ください。

方法①親名義や兄弟名義の代理契約で賃貸を借りる

入居者が直接契約するのではなく、入居者の親や兄弟などが代理で契約することを“代理契約”といいます。ただし、代理契約を受け付けない物件もありますので、注意が必要です。代理契約が可能な物件では、代理契約者となる人が、審査を受けることになります。ですから、それにふさわしい人を代理契約者としてお願いする必要があります。

それでは、代理契約者はどのような点がチェックされるのでしょうか?基本的には、次の条件をクリアしているかどうかがチェックされるようです。

代理契約者の条件

  • 入居者との続柄が3親等以内である
  • 家賃支払いに見合った安定した収入がある
  • 仕事は反社会的ではない
  • 信用情報に傷がない

方法②預貯金審査で賃貸を借りる

収入が無い場合、十分な預貯金があることを提示して、家賃支払いが可能であるとチェックしてもらうことを”預貯金審査”といいます。この方法も、大家さんや不動産屋によって、基準がまちまちであるといわれています。なかには、いくら高額な預貯金があっても、預貯金審査を受け付けないところもあるようです。

預貯金審査を受け付けてくれる場合、どれぐらいの預貯金があればよいのでしょうか?実は、これも大家さんや不動産屋によってまちまちです。基本的には、賃貸契約期間は2年となっていることが多いため、2年間家賃を支払えるだけの預貯金があれば、審査に通る可能性が高いようです。

しかし、お金遣いの荒い人は、十分な預貯金があったとしても、すぐに無くなってしまうことも考えられます。生活レベルは、人によって異なりますが、生活に余裕が無くなると困ってしまいますよね。ですから、預貯金審査で通ったとしても、それに安心するだけでなく、すぐに新しい仕事を探すなど、自分の身の振り方を考えるようにしましょう。

方法③信用のある人を連帯保証人に立てて賃貸を借りる

賃貸契約における『連帯保証人』は、借主が家賃を滞納したら、代わりに支払う義務があります。また、借主が物件を破損させてしまったときも、その修理代を支払わなければなりません。

このように、連帯保証人は契約者である借主と同等の責務を負うことになります。責任が重いので、いくら仲の良い友人であっても、引き受けてくれる人は少ないでしょう。ですから、自分に近い親族など、信頼関係が出来ている人にお願いするケースが多いようです。

したがって、連帯保証人として最もふさわしいのが借主の親、次に借主の兄弟であるといえます。親に安定した収入があれば、連帯保証人としてお願いするべきです。それが叶わないときは、兄弟にお願いするという手順で考えると良いでしょう。

方法④アリバイ会社を利用して賃貸を借りる

『アリバイ会社』とは、無職の人が、あたかも某会社に在籍しているかのように装ってくれる会社です。無職で収入が無い人は、それだけで賃貸契約を断られてしまうことがあります。そんなときは、アリバイ会社を利用すれば、会社員を装うことができますから、入居審査に通りやすくなるといえます。

ただし、悪用は避けた方が賢明です。例えば、自分の身の丈に合わないような高額な物件を借りるために利用すれば、すぐに家賃支払いが滞ることが考えられます。それから、多少の預貯金があっても、無職の期間が長くなれば、いずれは家賃が支払えなくなるでしょう。

ですから、アリバイ会社は、あくまで入居審査を通りやすくするためだけに利用するようにして、すぐに新しい仕事を探すなど、その後の身の振り方をしっかりと考えておくべきです。

方法⑤家賃保証会社を利用して賃貸を借りる

『家賃保証会社』とは、借主が保証料を支払うことにより、家賃の支払いが滞ったときに、代わりに家賃を支払ってくれる会社です。ただし、それは一時的な立替払いですから、いずれは借主が返済しなければなりません。

家賃保証会社を利用するメリットは、法人なので個人である連帯保証人よりも信用度が高いことです。ですから、無職の人や連帯保証人が立てられない人は、家賃保証会社を利用すれば、入居審査に通りやすくなります。

全国には、様々なタイプの家賃保証会社がありますが、利用できる保証会社は、不動産屋から指定されることが多いようです。もし、利用したいと考えている保証会社があれば、その保証会社が利用できるかどうか不動産屋に相談してみましょう。

方法⑥家賃を前払いして賃貸を借りる

大家さんの立場からすると、借主の家賃滞納は一番の不安材料です。その不安を無くすために、まとまった家賃を一括で前払いするという方法があります。ただし、物件の契約期間は2年間としているところが多いので、2年分の家賃を一括で前払いできれば、それを受け入れてくれるところがあるかもしれません。しかし、無職の人でそれほどの余裕がある人は、なかなかいないでしょう。

例えば、「1年分の家賃を一括で前払いするので、1年契約としてほしい。」と提案すれば、それを受け入れてくれるところがあるかもしれません。このあたりは、大家さんの考えによるところが大きいので、不動産屋によく相談してみましょう。

無職の方の賃貸入居審査に必要なものとは?

無職の方の賃貸入居審査に必要なものとは?

さまざまな理由から仕事を退職し、無職になったけど賃貸を借りたいいう方もいるかと思います。しかし仕事に就いていないのに入居審査に通るかどうか不安な気持ちもあるでしょう。ここでは無職の方の入居審査に必要なものを紹介します。参考にしてください。

賃貸入居審査の必要書類

無職の方の入居審査に必要なものは身分証、印鑑、残高証明書、住民票の4点です。住民票は不動産会社によってはいらないこともあります。しかしそれ以外の3点は必ず求められます。身分証として利用できるものには運転免許証、保険証、パスポート、住基カードなどがあります。いずれか1つを提出できるようにしておきましょう。印鑑はシャチハタは認められません。残高証明書は最低でも家賃の1年分の貯蓄があることを証明しなければなりません。これらの書類を揃えて入居の申し込みをすれば、入居審査を受けることができます。

入居申し込み書に記載する情報

無職の方の入居審査に必要なものは身分証、印鑑、残高証明書、住民票の4点です。住民票は不動産会社によってはいらないこともあります。しかしそれ以外の3点は必ず求められます。身分証として利用できるものには運転免許証、保険証、パスポート、住基カードなどがあります。いずれか1つを提出できるようにしておきましょう。印鑑はシャチハタは認められません。残高証明書は最低でも家賃の1年分の貯蓄があることを証明しなければなりません。これらの書類を揃えて入居の申し込みをすれば、入居審査を受けることができます。

賃貸入居審査の期間

不動産会社によりますが、入居審査の期間は2〜3日程度で完了することが多いです。情報の不備があったり、不動産会社の繁忙期は1週間以上の期間が必要なこともあります。4〜5日経っても審査の連絡がない場合は担当の方に相談するといいでしょう。審査の結果が既に出ているにもかかわらず、連絡が遅れている場合もあるためです。また、提出書類や申込に不備があって審査が中断されている可能性もあります。スムーズな入居のためにも、審査が長引く場合は担当者に確認しましょう。

無職でも確実に賃貸入居審査に通過するために必要なこととは?

無職でも確実に賃貸入居審査に通過するために必要なこととは?

さまざまな理由から仕事を退職し、無職になったけど賃貸を借りたいいう方もいるかと思います。しかし仕事に就いていないのに入居審査に通るかどうか不安な気持ちもあるでしょう。ここでは無職の方の入居審査に必要なものを紹介します。参考にしてください。

クレジットカードや家賃の滞納歴がないようにする

入居審査を通過するためにはクレジットカードや家賃の滞納歴があってはいけません。滞納情報は審査時に使用され、滞納歴があると信用情報に問題ありと判断されてしまいます。滞納歴があると貯金に余裕があるとしても、審査に落ちる可能性があります。もしクレジットカードや家賃を滞納したことがある場合は、信販系の保証会社を利用していない不動産会社の物件を選んだ方が賢明です。

高い家賃の物件を選ばない

無職の方は家賃が高い物件の審査が通りにくいと言われています。賃料の高い物件は、家賃の支払い能力が重要になってきます。そのため支払い能力に難ありとして、審査を落ちる可能性が高くなります。残高証明書を提出するときに最低1年分の家賃分の貯蓄があるかが基準になります。家賃が高い物件だと、必要な残高も多くなります。無職で物件を探す時は高い家賃の物件は避けた方がいいです。

言葉づかいや態度、身だしなみに気を付ける

無職の方が気をつけたいポイントの3つ目は言葉づかいや態度です。営業所や不動産会社と話をするときに言葉づかいや態度が悪いと、トラブルを起こす可能性がある人物として認識される可能性があります。同様に身だしなみもチェックされることがあります。これらのネガティブな情報が原因で入居を拒否される可能性があります。円滑な入居のために、担当者と打ち合わせをするときは言葉や態度、身だしなみには気を配りましょう。

賃貸契約に気をつけるべきことは?

賃貸契約に気をつけるべきことは?

 

ここでは賃貸契約をスムーズに行うために気をつけるべきことを紹介します。大事なものを全てまとめていますので参考にしてください。

連帯保証人ありの賃貸契約の場合は、追加の必要書類を揃える

連帯保証人を立てる場合はさらに必要なものがあります。連帯保証人引受承諾書、連帯保証人の実印、連帯保証人の印鑑証明書です。賃貸契約を結ぶにあたって、連帯保証人を引き受けたことを証明する必要があります。不動産会社からもらう連帯保証人引受承諾書を記入してもらい、実印を押してもらいます。また、印鑑証明書も発行してもらわなくてはいけません。スムーズに契約を進めるために、連帯保証人になってくれる人に事前に必要書類を用意してもらいましょう。

宅地建物取引士からの説明に対応する

必要なものが全て不備なく揃っている場合、契約手続きは1時間半程度で完了します。宅地建物取引士から物件に関して重要事項が説明されます。この説明は契約において非常に大事です。後からトラブルにならないように必ず念入りに確認してください。不明な点があればその場で確認しておくとなおいいです。契約が終わったら契約金の支払いになります。不動産会社によって振込か現金持ち込みか分かれます。契約金を支払ったら入居までしばらく待つことになります。円滑な契約のためにも、契約に必要なものと流れをおさえておきましょう。

トラブル時の連絡先を明確にする

これまでトラブルを避けるために注意すべきことなども記載してまいりました。最後に注意点として認識していただきたいのが「トラブル時の連絡先」です。場合によってはトラブル時の連絡先が大家さんではないケースも多くあります。この場合は、あくまでも物件の貸主が大家さんであるだけで、物件の管理は別の管理会社が担当しているため、管理会社に連絡する必要があります。こちらも契約時に明確にしておくと良いでしょう。

無職でも入居審査に通りやすい物件とは?

一口に賃貸物件と言っても、色々なタイプの物件が存在します。一般的な賃貸契約の基準は「契約期間は2年」、入居審査の基準は「“家賃の支払い能力”と“入居者の人柄”のチェック」です。しかし、このような基準とは大きく異なる物件が存在します。

この項では、数多ある物件の中で、無職の人でも入居審査に通りやすい物件のタイプを3点に絞ってご紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

①家賃が安い物件や敷金・礼金がゼロの物件

家賃が安い物件は、築年数が古い、駅から遠い、日当たりが悪い…などのデメリットがあります。とはいえ、それが我慢できる範囲であれば、意外と快適に暮らせるかもしれません。

また、一般的に敷金・礼金の目安は、それぞれ家賃1か月分です。なかには、敷金・礼金がゼロの物件もありますが、前述のようなデメリットがある物件が多いようです。

デメリットがある物件は、なかなか借りたいという人が現れないため、敷金・礼金などの初期費用が抑えられることを売りにして、入居希望者の目をひいていると考えられます。デメリットがある物件の大家さんは、何とか入居者を集めたいと考えています。ですから、無職の人でも入居審査に通りやすくなるはずです。

②短期間契約の物件

賃貸物件の契約期間は2年としているところが多いですが、なかには1か月単位や1週間単位で契約ができる物件があります。それらは、俗にマンスリーマンションやウィークリーマンションと呼ばれている短期契約の物件です。このような物件は、契約期間が短い分、入居審査に通りやすいと言われています。ですから、無職の人でも審査に通る可能性が高いといえます。

転勤や就職活動などで、一時的に賃貸を契約したいと考えている方もいるはずです。そんな方のための物件が、短期契約の物件です。短期契約の物件の最大のメリットは、生活に必要な家具や家電がそろえられていることです。入居の際に家具や家電を新しくそろえたり、引っ越し業者で運んでもらったりすれば、それだけ大きな出費となってしまいます。それらの出費が抑えられるのは、大きなメリットといえるでしょう。

短期契約可能な物件は、マンスリーマンションやウィークリーマンションの他に、次のようなケースがあります。

短期契約可能な物件

  • シェアハウス(複数名での共同生活する施設)
  • 民泊(宿泊ができる個人宅)
  • 下宿(管理人が居て食事提供がある施設)
  • ゲストハウス(旅行者のための安価な宿泊施設)

③UR賃貸物件

UR賃貸物件は、独立行政法人都市再生機構が運営管理する物件です。公的な機関が、「借りやすく住みやすい物件」をモットーに運営管理しており、物件の契約時もさまざまなメリットがあります。なかでも目玉といえる大きなメリットは「礼金なし・仲介手数料なし・保証人なし・更新料なし」です。これで、入居の際の初期費用はかなり抑えることができます。

UR賃貸物件は、基本的に月収や家族構成に見合った部屋を契約することになりますが、実は無職の人でも契約できる方法が2つあります。

1つ目は『一時払い制度』といい、1年分の家賃と共益費を一括で支払う方法です。家賃が安い単身用の部屋にすれば、1年分でも100万円を切ることもあり得ます。実際、この方法で契約している人は、非常に多いようです。

2つ目は『貯蓄基準制度』といい、家賃の100倍以上の預貯金があることを提示して契約する方法です。家賃が7万円の場合、700万円以上の預貯金が必要ということになります。預貯金が十分ある人がUR賃貸を探しているというのは稀なケースであると考えられますので、この方法をとる人は少ないようです。

無職での賃貸契約方法を詳しく解説!親名義での代理契約や預貯金審査で物件は借りられる まとめ

このたびは、賃貸契約方法や賃貸物件の種類について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?「無職では、賃貸契約は難しいだろう。」と諦めかけていた方もいるかもしれません。

しかし、契約方法を見直ししたり、数ある物件の種類から自分に合うものを選んだりすることで、契約実現の可能性があることがお分かり頂けたかと思います。事前の準備に尽力して、より良い物件の契約を実現しましょう。