バイトの緊急連絡先の書き方がわからない…。誰の連絡先を書くのが正解なの?

利用者MさんMさん

という疑問を抱えている方はいませんか?
緊急連絡先も求められる機会は多くありませんし、何と書けばよいのか迷ってしまいますよね。

本記事では、緊急連絡先の書き方と任せられる人がいない際の対処法を詳しく解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • バイトの緊急連絡先は親や親戚に頼むことが一般的
  • 成人済みの場合、友人や知人に依頼しても良い
  • 住所が同じ場合は、「同上」と記載する

アルバイトでの緊急連絡先は家族や親族にするのが理想

アルバイトでの緊急連絡先は家族や親族にするのが理想

基本的にアルバイトで緊急連絡先を求められた際は、家族や親族に任せるのが理想と言われています。
なぜかというと、緊急連絡とは本人がバイト先で大けがを負った際や通勤時に事故に遭った際に使用される連絡先だからです。

成人済みの方や親族がいない方の場合は、必ずしも家族の電話番号を記載する必要はありませんが、未成年の方や同居している親族がいる方は、もしもの際に備えて家族に任せた方が良いでしょう。

なお基本的には、家族や親族を設定する方が多いことから、友人や知人の連絡先を設定すると理由を聞かれる可能性があります。

もしもやむを得ない理由があり、友人や知人にお願いする場合は、あらかじめアルバイト先の店長に相談しておくとスムーズです。

アルバイト応募時に緊急連絡先を伝える理由

アルバイト応募時に緊急連絡先を伝える理由

アルバイトの応募時に緊急連絡先を求められるのには、下記のような理由があります。

アルバイトで緊急連絡先を求められる理由

  • 無断欠勤などがあった際の安否確認
  • 本人と連絡がつかなくなってしまった際の連絡手段
  • 本人が勤務中に事故に巻き込まれたり大けがを負ったりした際の連絡手段

決して個人情報を盗もうとしているわけではなく、何起こった時のための備えにすぎません。
仮にバイト先で自分がトラブルを起こしたからといって、緊急連絡先に書いた相手が責任を問われるようなことは一切ないため、親や親族に連絡先を貸してもらいましょう。

なお、どうしても事情があり頼める方がいない場合は、事情を話すことで空欄で済む可能性もありますが、基本的に未成年の場合は親の連絡先がないと雇ってもらえないことが大半です。

バイトを始める際に必要な履歴書への緊急連絡先の書き方

バイトを始める際に必要な履歴書への緊急連絡先の書き方

履歴書への実際の書き方を紹介します。
履歴書へ緊急連絡先を書く場合の書き方は、任せる方と現在同居しているのか、同居していないのかによって変わるので注意しましょう。

基本的には、どんな関係性の相手を緊急連絡先に設定しても問題ありませんが、もしも同居している家族がおり、その人に任せられるのであれば同居家族を優先した方が無難です。

実家暮らしで連絡先と緊急連絡先を同じにする場合は「同上」と記載する

まずは自分が実家で暮らしており、実家を緊急連絡先に指定する場合の書き方を紹介します。
この場合は、自分の住所と実家の住所が同じため、住所の欄に「同上」と記載すれば問題ありません。

もしもスマホなどを持っておらず、実家にある固定電話を自分の連絡先にしている場合には、電話番号の欄も「同上」と記載しましょう。

なお、同じ住所の場合は同上と書くことが一般的ではありますが、2回書いてしまったとしても間違いではないため、すでに2回書いてしまったという場合はわざわざ書き直さなくでも問題ありません。

次回以降は同上と記載しましょう。

一人暮らしの場合は実家などの連絡がつく番号を記載

次に自分が一人暮らしなどで実家を出ており、実家を緊急連絡先に指定する場合の書き方を紹介します。
実家の住所と自宅の住所のように同じ場所に住んでいない方を緊急連絡先に指定する場合、電話番号・住所共にすべて省略せずに書く必要があります。

面倒かもしれませんが、省略せずにしっかりと書くようにしましょう。
もしも父親と母親の二人が健在の場合は、どちらを指定しても問題ありませんが、日中でも連絡がつきやすい方を指定することがおすすめです。

なお、電話番号は個人のスマホの番号にせず、実家の固定電話にしても問題ありません。

配偶者や同居人がいる場合はその方の携帯番号を記載する

最後に配偶者や同居人と暮らしており、同じ家で暮らしている配偶者・同居人を緊急連絡先に指定する場合の書き方を紹介します。

配偶者や同居人のように自宅で一緒に暮らしている方を緊急連絡先に指定する場合、実家暮らしの際と同様に住所を「同上」と記載することができます。

もちろん住所が同じであっても、同上と省略せずに記載しても問題はありませんが、住所を二度書く手間を省けるので同上と省略してしまうことがおすすめです。

電話番号は個々でスマホ持っている場合は、その方の番号を記載しましょう。
スマホを持っていない場合は固定電話の番号でも問題ありません。

緊急連絡先に電話がいく4つのケース

緊急連絡先に電話がいく4つのケース

次に緊急連絡先にはどんなタイミングで電話がいくのかを紹介していきます。
電話がいくタイミングは、バイト先によってまちまちですが、主に下記の4つのケースが多いです。

緊急連絡先に電話がいく4つのケース

  • 未成年者の身元確認
  • 出勤時間を過ぎても連絡が取れない時の安否確認
  • アルバイト中に事故に遭ってしまった場合
  • アルバイト中に窃盗や暴力など罪を犯した場合

①【18未満の人の場合】トラブル回避の為の身元確認

緊急連絡先に電話がいくケース1つ目は、「未成年のトラブル回避のための身元確認」です。
未成年者の場合、成人している人とは違い法律上様々な制限が存在するため、雇用の際に親に内緒でバイトをしていないか確認する目的などで緊急連絡先に電話がいくことが多いです。

また、確認するために最初から親や同居している親族の連絡先を緊急連絡先にするよう指示されことも多いです。

特別な事情があり、親にバイトを話していない方や親にバイト先から連絡がいっては困るという方は注意しましょう。

なお、未成年者の場合は親の連絡先を提出できない場合は雇えないと断られることも珍しくありません。

②出勤時間を過ぎても連絡が取れない時の安否確認

緊急連絡先に電話がいくケース2つ目は、「出勤時間を過ぎても連絡が取れない時の安否確認」です。

普段から時間にルーズで遅刻を頻繁にしているような方であれば連絡なしにバイトをさぼったとしても連絡がこないかもしれませんが、毎回真面目な態度で勤務をしている方の場合連絡をせずに出勤時間を過ぎると安否確認の電話が来ることが多いです。

これは嫌がらせなどではなく、バイト先の方は事故に遭っていないか心配で連絡をしてきているだけです。
連絡せずに出勤時間を過ぎてしまうと、バイト先の方に無駄な不安を感じさせてしまうため、遅刻をする際や休む際は必ず事前に連絡しておくようにしましょう。

③アルバイト中に自己に遭ってしまった場合

緊急連絡先に電話がいくケース3つ目は、「アルバイト中に事故に遭ってしまった場合」です。

アルバイト中に事故に遭った場合やケガをした場合は、そのまま病院に行くことになり本人から家族に連絡することが難しくなるため、バイト先から緊急連絡先に電話をするケースが多いです。

これは緊急事態が起こったから代わりに連絡をしてくれているのであって、ケガをしただけで絶対に連絡をされるという訳ではありません。

何かしらの事情があり、家族に連絡をしてほしくない場合は、自分で家族に連絡するからバイト先からわざわざ連絡してもらう必要はない旨を伝えると自分の意思を尊重し連絡を回避することができます。

④アルバイト中に窃盗や暴力など罪を犯した場合

緊急連絡先に電話がいくケース4つ目は、「アルバイト中に窃盗や暴力などの罪を犯した場合」です。
アルバイト中に窃盗や暴力などの罪を犯し警察沙汰になった場合は、緊急連絡先に電話をされてしまいます。

これは自分が罪を犯したことが発端のため、やめてくれと頼んでも聞き入れてもらえないことが多いです。
未成年の場合は、警察沙汰にならずに示談や口頭注意で済んだとしても連絡されることが多く、さらに両親だけでなく学校にも連絡されることがほとんどなので注意が必要です。

親や学校に連絡されたくない場合には、間違えてもアルバイト中に窃盗や暴力などはしないようにしましょう。

【NG】嘘の緊急連絡先は後にトラブルになる可能性あり

【NG】嘘の緊急連絡先は後にトラブルになる可能性あり

いくら書きたくないとはいえ、嘘の連絡先や住所を提出すると、後々大きなトラブルになる可能性があります。間違えても嘘をつくのはやめるようにしましょう。

基本的には緊急時のみに使用されるため、無断欠勤や事故などが起こらない限り使用されることはありません。

しかしいざ使用されたタイミングで使われていない電話番号にかかってしまうと、これまで真面目に働いてきていたとしても、非常識な人間というレッテルを貼られてしまいます。

一言注意を受ける程度で済めば良いですが、最悪の場合解雇もあり得るため、軽い気持ちでやらないようにしましょう。

どうしても親族に任せられないという方は友人や知人から連絡先を借りる選択肢もあります。

基本的に緊急連絡先に何かの責任や迷惑が生じることはない

基本的に緊急連絡先に何かの責任や迷惑が生じることはない

緊急連絡先は、通常起こらない事故や事件に巻き込まれた際に、いち早く身内にそのことを連絡するための手段です。

そのため、緊急連絡先に電話番号を載せたからといって、本人が何かバイト中にお店に不利益を出したとしても連絡先の相手が責任を問われることは絶対にありません。

ただの連絡先の1つに過ぎず、責任などとは全くの無関係な物なので間違わないようにしましょう。
これはバイトに限らず賃貸の契約などでも同じです。

なお逆に言うとバイトをしているのが未成年者の場合、緊急連絡先に親の番号を記載していなかったとしてもトラブルを起こした際やトラブルに巻き込まれてしまった際には、親へ連絡がいき親が責任を問われる事態になり得るので注意が必要です。

緊急連絡先になってくれる人がいない時の対処法

緊急連絡先になってくれる人がいない時の対処法

人によっては事情があり、緊急連絡先に記載できる相手がいないという方もいるかと思います。
そこでここからは緊急連絡先に記載できる相手がいない場合の対処方法を紹介します。

緊急連絡先を任せられる相手がいないときの対処法

  • 親族が難しい場合は、知人や友人に相談する
  • 知人や友人にも任せられない場合は、代行サービスを利用する

親族が難しい場合は知人や友人に相談する

対処法1つ目は、「知人や友人に相談する方法」です。
もしも親族に相談できない事情がある場合は、知人や友人に相談し連絡先を貸してもらいましょう。

緊急連絡先はただの緊急事態が起こった際に連絡をする相手というだけなので責任などは一切ありません。
そのため、お互いに住所を知っているような仲の相手であれば快く連絡先を貸してくれる可能性が高いです。

相手に責任などはなく、緊急事態が起こった際に連絡が来るだけという事実を伝え、良ければ貸してもらえないか相談してみましょう。

なお、未成年者の場合は知人や友人が問題ないと言ってもバイト先から親の連絡先にするよう指示される可能性があります。

頼める知人がいない人は緊急連絡先代行の利用がおすすめ

日本アリバイ協会

日本アリバイ協会
対応しているサービス 緊急連絡先代行・在籍確認・書類の作成・保証人の紹介
電話番号 03-6452-4467
相談受付時間 24時間365日対応
対応速度 最短即日対応
対応地域 全国からの依頼に対応

もしも知人や友人にも頼むことができない場合は、緊急連絡先代行サービス「日本アリバイ協会」の利用がおすすめです。日本アリバイ協会とは、業界最大手クラスの連絡先代行サービスです。

24時間365日毎日無休で営業しており、首都圏だけでなく地方にお住まいの方も相談することができます。
利用が初めてという方でもわかりやすく説明してもらうことができるため、初めての利用で不安があるという方におすすめです。

相談は無料で対応してもらえるため、利用するかで迷っているという方は相談だけでもしてみましょう。

アルバイトの緊急連絡先についてよくある質問

アルバイトの緊急連絡先についてよくある質問

最後にアルバイトの緊急連絡先についてよくある質問をまとめて紹介していきます。
今回紹介するのは、下記の4つです。

よくある質問

  • 緊急連絡先と本人の情報を同じにしても良いの?
  • バイトをバックれると緊急連絡先に電話がいきますか?
  • バイトの緊急連絡先を書きたくない時は?
  • 単発バイトでの緊急連絡先は誰にする?

緊急連絡先と本人の情報を同じにしても良いのでしょうか?

よくある質問1つ目は、「本人情報と同じにしても良いの?」です。
実家暮らしや自宅で同居している方を緊急連絡先として設定したい場合、自分と住所が同じになってしまうこともあるでしょう。

そういった場合には、自分と同じ住所を記載して問題ありません。
住所が自分と全く同じ場合は、「同上」と書くことで2回同じ内容を書く手間を省くことができます。

同居している家族に任せたい場合は、同上と記載するようにしましょう。

バイトをバックれると緊急連絡先に電話がいきますか?

よくある質問2つ目は、「バイトをバックレると緊急連絡先に電話がいきますか?」です。
普段真面目に勤務をしていた方であれば、突然連絡なしにバックレると緊急連絡先に電話がいく可能性があります。

バイトをバックレると絶対に電話がいってしまうわけではありませんが、まず自分に連絡が来たタイミングで無視をすると連絡がいくと考えて良いでしょう。

もしも親や親族に連絡をしてほしくないと考えているのであれば、バックレなどはせずに必ず連絡をしてから休むことがおすすめです。

バイトの緊急連絡先を書きたくない時は?

よくある質問3つ目は、「バイトの緊急連絡先を書きたくないときは?」です。
どうしても事情があり書きたくない場合は、親や親戚ではなく親しい友人・知人の連絡先に借りるか、連絡先代行業者を利用しましょう。

連絡先代行業者とは、お金を払うことで緊急連絡先になってもらえる業者です。
代行業者を利用すれば、お金はかかってしまいますが、誰でも簡単に連絡先を確保することができます。

必ずしも親や親族を頼らなければいけないわけではないため、迷っている方は他の選択肢を検討してみましょう。

単発バイトでの緊急連絡先は誰にする?

よくある質問4つ目は、「単発バイトでの緊急連絡先は誰にする?」です。
単発のバイトであっても、長期間のバイト同様に親族や親の連絡先を記載することが大半です。

特に問題ないのであれば、親の連絡先を借り、親や親族に任せずらい場合は友人などに相談してみましょう。

単発バイトの場合、バイトの審査もかなり緩いため友人などの連絡先を設定したとしても何も言われないことがほとんどです。

都合の良い相手を設定してください。

【まとめ】バイトの緊急連絡先の書き方を解説!

【まとめ】バイトの緊急連絡先の書き方を解説!

本記事では、バイトの緊急連絡先の書き方を解説しました。
いかがだったでしょうか?

バイトの緊急連絡先には、親や親族の連絡先を記載することが大半です。
しかし成人している場合、親や親族ではなく友人や知人を設定しても問題ないため頼みやすい相手にお願いするようにしましょう。

未成年者の場合は、法律上さまざまな制限がある都合上親の連絡先を指定される可能性が高いです。
本記事が連絡先で困っている方のお役に立てれば幸いです。

【首都圏への引っ越し限定】不動産乗り換えキャンペーン詳細

6月30日までの期間限定!
不動産乗り換えキャンペーン実施中。
仲介会社の乗り換えで、アリバイ料金が半額に!キャンペーンをご希望の方は、お申し込み時に
「不動産乗り換えキャンペーン希望」とスタッフまでお伝えください。 不動産乗り換えキャンペーン 不動産乗り換えキャンペーンを申し込む