賃貸住宅を契約するには、入居審査に通らなければなりません。しかし、現在就いている職業により入居審査に通らないことがあります。例えば、水商売や風俗関係で働く人は、その職業のイメージや生活スタイルの違いから、他の住民とトラブルになることが多くあります。

よって、管理会社や保証会社に敬遠されるケースが多く、入居審査に通らないことが多くあります。また、非正規社員の人やアルバイトの人、フリーランスの人も収入が不安定で家賃を滞納されるリスクが高いことから、水商売の人などと同じように入居審査は通りすらいのです。

つまり、正社員で雇用されているように安定した収入が見込める人であれば、賃貸の入居審査は問題ないのですが、収入が不安定などの要素の人は賃貸住宅が借りづらくなっています。

このようなときに、在籍会社や給与明細書などを発行し、賃貸住宅への入居をサポートするのがアリバイ会社です。では、アリバイ会社を利用し賃貸契約するとバレてしまうことはあるのでしょうか?仮に、アリバイ会社を使ったことがバレてしまえば、契約違反で強制退去になるリスクがあります。

この記事では、アリバイ会社で賃貸契約するとバレることはあるのか?他に、アリバイ会社が提供するサービス内容やおすすめの業者を紹介していきます。

【結論】アリバイ会社を利用してもバレることは基本的にない!

【結論】アリバイ会社を利用してもバレることは基本的にない!

結論、アリバイ会社を利用してもバレることは基本的にありません。

その理由は、アリバイ会社は実在する会社を在籍会社として用意し、発行する書類も実際の会社が発行している書類であるからです。また、賃貸の入居審査が行われる全ての流れを熟知しており、いかなる状況でも対応可能となります。

さらに、アリバイ会社はこれまで多くのアリバイサービスを提供しており、そのノウハウや経験が豊富であるからです。よって、以上の理由からアリバイ会社を利用しても、基本的にバレることはありません。

なお、稀にアリバイサービスを提供して間もない会社の場合、その経験や知識不足などの要因で、バレてしまうこともあるようです。したがって、アリバイ会社選びは大変重要となってきます。

アリバイ会社を利用してもほぼバレない理由

アリバイ会社を利用してもほぼバレない理由

先述でもお伝えしていますが、アリバイ会社を利用してもほぼバレない理由について3つ紹介していきます。

アリバイ会社を利用してもほぼバレない理由

  • ①実在する勤務先を提供するから
  • ②書類の作成は専門のスタッフが作成している
  • ③賃貸の入居審査は画一的で、対応マニュアルが完璧であるから

①実在する勤務先を提供するから

バレない理由一つ目は、実在する勤務先を提供するからです。

アリバイ会社で提供する勤務先は、全て実在する会社となり、その人が住んでいる地域や属性などによりアリバイ会社がその人に合った在籍会社を紹介します。在籍会社は大手のアリバイ会社ほど多くあり、まずバレることはありません。

なお、稀に小規模なアリバイ会社や開業間もないアリバイ会社は在籍会社が少なく、入居審査でバレてしまうことがあります。よって、アリバイ会社を選ぶときには、できれば全国対応で在籍会社を多く紹介出来る大手アリバイ会社がおすすめとなります。

②書類の作成は専門のスタッフが作成している

バレない理由二つ目は、書類の作成は専門のスタッフが行っているからです。

書類作成で定番となる給与明細や源泉徴収票、在籍証明書などは、法的な知識があるスタッフが作成しているので、書類などに不審な点はまずありません。書類の作成に於いても専門のスタッフを配置することで、万全のアリバイサービスを提供しています。

③賃貸の入居審査は画一的で、対応マニュアルが完璧であるから

バレない理由3つ目は、賃貸の入居審査は画一的で、対応マニュアルが完璧であるからです。

賃貸の入居審査は、管理会社や保証会社により多少審査基準に違いはあるもの、在籍確認や支払い能力の確認はほぼ一緒となります。保証会社によっては、個人信用情報を閲覧したり過去の延滞や滞納、トラブルを起こした実績などを審査対象とするものの、これらはアリバイ行為にはとくに関係ありません。

つまり、保証会社や管理会社が異なっても、アリバイ会社が対応することはほぼ一緒であるため、対応マニュアルさえ完璧であればバレることはないのです。

アリバイ会社を利用する理由2選

アリバイ会社を利用する理由2選

アリバイ会社を利用するには、人それぞれの理由があります。以下に挙げたのは、アリバイ会社を利用する人の典型的な理由です。

アリバイ会社を利用する理由2選

  • ①就いている職業の印象が悪い
  • ②フリーランスやアルバイトで収入が不安定

①就いている職業の印象が悪い

一つ目は、就いている職業の印象が悪いことです。

先述でも紹介していますが、まずは水商売や風俗関係で働く、いわゆる夜の仕事をメインとする人たちです。このような人たちは、基本夜型の生活をしていることから、周辺住民との生活スタイルの違いからトラブルになることが多いのです。

また、職業的に収入が不安定なことも多いことから、賃貸の入居審査ではほぼ通ることはありません。ちなみに、このような人は賃貸の入居審査が通りやすい郊外の空室が多い物件や、築古の物件を狙えば入居審査に通りやすくなるかもしれません。

通りやすい理由としては、入居審査で落としてしまうより、空室状態をいち早く解消したいという賃貸経営的な部分の考えが強くなるからです。しかし、水商売などの人は新宿や渋谷など繁華街で明け方まで働くスタイルが一般的であり、公共交通機関が動いていない時間に帰宅するケースがあります。

よって、必然的に繁華街に近い物件を借りなければならず、アリバイ会社の利用が必然となっているケースが多いようです。

②フリーランスやアルバイトで収入が不安定

二つ目は、フリーランスやアルバイトで収入が不安定であることです。

これらの職業は、雇用主や取引先の状況により、毎月の収入が変動しやすい職業となります。特に、フリーランスなりたての人は取引先が安定しないケースが多くあることから、安定収入を見込めるケースは少ないでしょう。

よって、賃貸の入居審査では落ちてしまうことが多いのです。つまり、このような人たちは賃料を支払える分の収入が仮にあったとしても、社会的信用力が低いことからアリバイ会社の利用が必然となっています。

誰でも家は必要であり、アリバイ会社の利用でしか住宅を借りることができないのであれば、利用すること自体に問題はありません。

アリバイ会社とは何か?

アリバイ会社とは何か?

アリバイ会社とは、その職業柄賃貸の入居審査に通りづらい人たちに、社会的地位を提供してくれる会社になります。社会的地位とは、勤務先、収入、雇用形態です。

例えば、水商売の人に在籍会社を用意することで、職業による審査落ちを防ぎます。また、収入や雇用形態を提供することで、安定した収入があることを証明します。

なお、アリバイサービスを受けるには、定額の料金と書類作成などのオプション料金を合わせた金額がかかります。さらに、アリバイ会社のサービスは、申し込みから早いと30分程で手続きが完了します。

よって、アリバイ会社は即日対応可能な便利なサービスと言えます。

アリバイ会社が提供するサービス

ここでは、アリバイ会社が提供する一般的なサービスについて紹介していきます。

アリバイ会社が提供するサービス

  • ①在籍確認サービス
  • ②書類作成サービス
  • ③保証人紹介サービス
  • ④緊急連絡先代行サービス

①在籍確認サービス

在籍確認サービスとは、アリバイ会社が用意した勤務先に管理会社や保証会社などから在籍確認の電話があったときに、専門のスタッフが対応するサービスとなります

在籍会社は実際に法人登記されている会社になること、在籍確認では管理会社や保証会社の癖を全て熟知しているので、アリバイ会社であるということがバレることはありません。

②書類作成サービス

書類の作成サービスとは、在籍会社が発行する在籍証明書、源泉徴収票、採用通知書、給与明細書などを作成するサービスとなります。特に、収入を示す源泉徴収票や給与明細書は、賃貸の入居審査では必要なものです。

また、内定通知書や在籍証明書などは、社会的地位を証明する大事な書類となります。他にも、会社の名刺や就労証明書など、その会社で働いているかのように偽装するサービスも行っています。

なお、作成にはオプション料金が掛かることが殆どです。

③保証人紹介サービス

保証人紹介サービスとは、保証人方式の物件で保証人を頼める人がいない場合に使うサービスです。アリバイ会社で紹介する保証人は、一般的に社会的地位が高い実在する人になります。

保証人方式の物件の場合には、原則身内などにて保証人を用意しなければなりません。しかし、多種多様な生活スタイルの変化から、身内にて保証人が依頼できない人も増えています。

なお、最近の賃貸物件では保証会社を使うケースが多く、保証人紹介サービスを利用することは以前よりは少なくなりつつあります。

④緊急連絡先代行サービス

緊急連絡先代行サービスとは、賃貸契約時に必要な緊急連絡先を代行してくれるサービスです。緊急連絡先とは、賃貸住宅内で火災など非常事態が起き入居者と連絡が付かないときに、連絡するところになります。

賃貸住宅の大家さんや管理会社は、入居者以外の連絡先があることで起きた事実をいち早く伝えることや、安否確認を行えます。緊急連絡先には、家賃滞納時の支払い義務などはないものの、身内などでも敬遠されることや友人等にも頼みづらいという傾向があります。

よって、緊急連絡先代行を利用している人は多くいます。

アリバイ行為がバレない!おすすめのアリバイ会社

アリバイ行為がバレない!おすすめのアリバイ会社

アリバイ行為をバレないようにするには、信頼が高く実績が豊富な大手アリバイ会社がおすすめです。ここでは、アリバイ行為がバレないおすすめのアリバイ会社を紹介します。

アリバイ行為がバレない!おすすめのアリバイ会社

  • ①日本アリバイ協会
  • ②リマックス
  • ③日本在籍確認センター

①日本アリバイ協会

まずは、日本アリバイ協会です。アリバイ会社のなかでは大手、且つ料金も業界最安値となっており利用しやすいのが特徴となります。

所在地 東京都目黒区中目黒NKビル2階
連絡先 03-6452-4467
営業時間 24時間、年中無休
提供サービス 在籍確認、緊急連絡先代行、書類作成、保証人代行
利用料金 男性18,700円、女性16,500円

(基本プランには、在籍確認・電話対応・勤務先の提供が含まれる)

書類作成はオプション料金【源泉徴収票11,000円(税込)、給与明細書5,500円(税込)、在籍証明書5500円(税込)他】

②リマックス

続いて、リマックスです。リマックスは、利用期間が選べるのが特徴で、最短は15日、最長は1年間となります。また、アリバイ行為をより巧妙とするためにHPへの掲載サービスなど他社にはないものを提供しています。

所在地 東京都渋谷区道玄坂1-15-3
連絡先 03-6415-4100
営業時間 10:00~18:00(電話受付9:00~23:00)
提供サービス 在籍確認(無料のサービス)。

以下は、有料のオプションサービスです。

WEB掲載サービス、応答後転送サービス、逆転送サービス、書類作成

利用料金 初回登録料(男性8000円、女性5000円)

サービス料金(15日間3000円、30日間5000円、90日間12000円、180日間22000円※特典あり、1年間32000円※特典あり)

③日本在籍確認センター

最後に、日本在籍確認センターです。日本在籍確認センターの特徴は、親切丁寧、明朗会計、全国対応であることになります。

所在地 東京都渋谷区
連絡先 03-5459-2520
営業時間 10:00~20:00
提供サービス 在籍確認・電話対応・保証人紹介
利用料金 基本料金(男性19,000円、女性17,000円)いずれも60日間サービスを提供、書類作成は5500円

【まとめ】アリバイ会社で賃貸契約するとバレる?について

【まとめ】アリバイ会社で賃貸契約するとバレる?について

アリバイ会社を利用して賃貸契約しても、基本バレることはありません。バレない理由は、アリバイ会社にサービス提供の経験や実績が豊富であることや対応マニュアルが完璧であるからです。

また、在籍会社を多く用意している大手アリバイ会社であれば、バレる心配はまずないと思って良いでしょう。